コミック・ノベル・書籍

まるで乙女ゲームのような、本格古典時代劇?! 『平安時代にタイムスリップしたら紫式部になってしまったようです』がビーンズ文庫から発売中!

乙女ゲームに登場するイケメンから甘い言葉を囁かれる、夢のようなシチュエーション。
女子なら誰しも、その世界に入りたいと思ったことがあるだろう――。

スポンサーリンク

第1回カクヨムWeb小説コンテスト「恋愛・ラブコメ部門」で<大賞>を受賞した「平安時代にタイムスリップしたら紫式部になってしまったようです」は、偶然そんな女子の願望を叶えてしまった高校生・香子が主人公。突然タイムスリップした平安時代で見目麗しい貴族に助けられた香子は、恩返しとして中宮様へ献上する物語作りを手伝うことに。しかし、出来上がっていく話が『源氏物語』と似ていることに気がついて……
多数のイケメンに囲まれて逆ハーレム状態の香子は、まるで乙女ゲームに入り込んでしまったかのよう! ただし、ただの恋愛小説とあなどることなかれ。登場人物はすべて歴史上の人物で、小説の中で紹介される歴史的事件や古典文学作品はすべて史実に基づいて書かれている。読むと平安時代の知識も身につき、一石二鳥! この冬、ぜひ手に取ってもらいたい1冊です!

01

【キャラクター紹介】

5

藤原香子(ふじわらかおるこ)
「――は、はあ!? 姫君? いったい……誰のこと?」
乙女ゲームが大好きな女子高生。突然、平安時代にタイムスリップしてしまい!?

1

式部(しきぶ)
「これではおまえを帰すことができなくなった」
冷艶な美貌を持つ平安貴族。引きこもりだが、それには秘密が……?

スポンサーリンク

2

国時(くにとき)
「私に抱きついてくださってよろしいのですよ。」
安倍晴明の孫で見習い陰陽師。女性を口説かずにはいられない色男。

3

惟規(のぶのり)
「私は心から、姫の力になりたいと思っているんですよ」
式部の弟で大学寮に通う文章生。穏やかで優しい青年。

【カクヨム読者コメント】
ユーザー:湊風紳 響起
★★★ Excellent!!!
時代劇の傑作!!
綿密な時代考証と卓抜したアイデアに彩られた傑作時代劇です!
完成度が非常に高く、文句の付けようがありません。
非常に最高です!
とにかく本作を読んで欲しい、この思いでいっぱいです!!

ユーザー:早海和里
★★★ Excellent!!!
紫式部が超イケメン女装男子!?
乙ゲー好きには、なんて楽しくておいしい設定なんでしょう。
そんなとんでも設定にも関わらず、作者の確かな知識力で無理なく読ませてしまう力量に脱帽しました。
乙ゲースキルと妄想力で、ヒロインが平安世界を渡って行く様が、実に痛快で楽しいです。この先、どんな恋愛模様が繰り広げられるのか、わくわくしながら読み進めたいと思います。

【ポメラが当たるキャンペーン実施中!】
※帯がついている商品のみ、対象となります。
※なくなり次第終了となりますので、予めご了承ください。

【書籍情報】
角川ビーンズ文庫『平安時代にタイムスリップしたら紫式部になってしまったようです』
著:中臣悠月 イラスト:すがはら竜
発売日:2016年12月24日予定
定価:本体580円+税
発売元:KADOKAWA

(C) KADOKAWA CORPORATION 2016

PR

-コミック・ノベル・書籍
-