CD・音楽

オトメイトレコード第6弾シリーズ『渇望メソッド、梟は夜に哭く』『恋色始標』『RUNLIMIT』の第1巻が本日1月25日発売! キャストインタビューも到着!

オトメイトレコード第6弾シリーズとなるキャラクターCD「RUNLIMIT」「恋色始標」「渇望メソッド、梟は夜に哭く」が1月25日より、6ヶ月連続リリース!

スポンサーリンク

タイトル:渇望メソッド、梟は夜に哭く 一ノ仔 染谷 泉
キャスト:染谷 泉(声:柿原徹也)
品番:KDSD-00941
POS:4560372446852
価格:2,000円+税
発売日:2017年1月25日(水)
発売元:ティームエンタテインメント
販売元:ソニー・ミュージックマーケティング

【あらすじ】
ある日、大学で一也の妹と出会った染谷。
少女を気に入った染谷は、一也に隠れて少女と会うようになる。
恋をしているわけではなかった。
けれど、心地よい“恋人ごっこ”の時間を手放したくはなかった。
穏やかな時間が突如として崩壊し、絶望へと引き戻される。
血の海に沈む少女と、口の中に広がる甘い味。
染谷は少女へと懇願する。
「俺と一緒に――」
その先の言葉を、少女は受け入れるのか。それとも――

【Track List】
01. 宵の手招き
02. 幸せすぎて夢を見てるみたい
03. 偽りの幸せはもうおしまい
04. ぜーんぶ食べてあげる
05. 君が一緒に諦めてくれるなら (分岐A)
06. 不正解じゃない未来へ (分岐B)
07. Alone with you (Short ver.) / 歌:そらる

『渇望メソッド、梟は夜に哭く 一ノ仔 染谷 泉』公式インタビュー
染谷 泉 役 ◆ 柿原徹也さん

■収録後のご感想をお願い致します。

全編通してダミヘでの収録でした。
僕の今までのダミヘ収録の中で特にボリュームがある作品だったと思います。
よく時間内で録り終えたな……と思うほどです(笑)。
皆様もお手元に届いたら驚かれるのではないでしょうか。

■前作は絶望ばかりでしたが今作は少し希望も見えた終わり方だったと思います。
作品に対しての印象で変わった部分などありましたか?

台本に妹ちゃんの気持ちなども書かれているので、演じる上で妹ちゃんが何を考えているのかとか、それを受けての泉の新しい一面が見えたのは良かったです。
また、今回は少し報われる泉を演じることが出来たのですが、一つの泉を演じるより何通りもの泉を演じることが出来たのは嬉しいです。

■染谷泉には義理の弟がいますが、「弟」と「妹」欲しいのはどちらですか?

欲しいのは妹です。
僕は妹がいるので姉にも興味はありますが……弟はいらないかな(笑)。
あとは、姉だったら綺麗なお姉さんがいいです。

■ファンへの方へのメッセージをお願い致します。

今回もボリュームがある作品でした。
何通りものストーリーがあったので、演じがいが非常にありました。
間違いなく前回の渇望メソッドよりもパワーアップしているんじゃないでしょうか。
グロテスクな表現や色っぽい表現、ほのぼのなシーン、そして残酷な表現があるので、日常が引き立っていいバランスで構成されていると思います。
2回3回と聴いて頂くとより楽しんで頂けると思います。
次回作がありましたらまた頑張ります。宜しくお願いします!

BL_H1-H4

タイトル:恋色始標 FILM.1 小鳥遊 聖
キャスト:小鳥遊 聖(CV.前野智昭)
品番:KDSD-00953
POS:4560372446975
価格:2,000円+税
発売日:2017年1月25日(水)
発売元:ティームエンタテインメント
販売元:ソニー・ミュージックマーケティング

【あらすじ】
──恋するきみに、恋をした。
一部の生徒から「王子」と呼ばれる優等生・小鳥遊聖は、ある日、クラスメイトのアナタが従兄弟の臣に告白しているところを目撃してしまう。
雨の中、まっすぐに前を向いていたアナタの横顔に、まだ恋を知らない聖の心が動き出す。
ただのクラスメイト……のはずだった。
けれどあの日から、聖の中でアナタの存在は大きなものになっていて……?
失恋から始まった、初めての恋の物語──。

【Track List】
Scene 1 :雨が教えてくれたもの
Scene 2 :きみだけの虹
Scene 3 :ハプニングにご注意を
Scene 4 :きみといると
Scene 5 :小さな勇気
Scene 6 :きみのことが
Scene 7 :雨が止むまで
Scene 8 :幸せの最高記録
Scene 9 :僕のお姫さま
瞬きの間に(Short ver.)
歌:SHOJI from パレードパレード

『恋色始標 FILM.1 小鳥遊 聖』公式インタビュー
小鳥遊 聖 役 ◆ 前野智昭さん

CIMG0290

Q1. 収録を終えてのご感想をお願いいたします。

お話が進むにつれて、どんどん小鳥遊くんが可愛く思えてきて、すごくピュアな頃の自分を思い出しながら演じさせて頂きました。決して楽な収録ではなかったのですが(笑)、「こういう体験したかったなぁ」という羨ましさもありながら、色々な葛藤と真正面から向き合って、最後に想いを告げるところまで演じ切れて非常に楽しい収録でした。

Q2. 演じられたキャラクターはどんな人物ですか?
印象、魅力についてお聞かせください。

スポンサーリンク

従兄弟の臣くんという強力な恋のライバルもいて、決して良いところからのスタートではなく、寧ろマイナスから始まっていた恋ですが、彼は自分の中でその気持ちを温めながら、最後に想いを伝えることが出来るという男らしさがあると思います。ちょっとした自分の一挙一動に後悔するような、若さゆえの……という部分もありますし、これから成長していったらすごくかっこいい大人になるんじゃないかなと思ったキャラクターでしたね。
あと「王子」と言われていることに対してどこかしらで受け入れていて、満更でもない部分もいいなぁと思いました(笑)。話を逸らすのがあまり上手くないところも自分と似ているかもしれないです……(笑)。正直な子なんですよね。

Q3. 本作は「片想い」をテーマにしておりますが、ご自身が最近好きになったもの、
ハマっているもの等が御座いましたらお聞かせください。

実家が茨城県でよく農作物やフルーツなどを送って下さるのですが、この間栗を頂きまして……。今まで皮を剥く作業が苦痛だったのですが、今回頑張って剥いて食べてみたら思いのほか美味しくて、そこから栗が好きになりましたね。スイーツも含めて最近栗ブームです(笑)。

Q6.ファンの方へメッセージをお願いいたします。

ただ甘いというだけではなくて、小鳥遊 聖くんの葛藤、悲しさ、嬉しさが1枚のCDに詰まっています。すごく心が洗われるお話になっておりまして、きっと皆様に共感して頂ける作品になっていると思います。是非聴いて頂いて、これから始まる「恋色始標」というシリーズを応援して頂けたら嬉しいなと思います。

KDSD-00947

タイトル:RUNLIMIT ―CASE1 片桐 連―
キャスト:片桐 連(CV:石川界人)
品番:KDSD-00947
POS:4560372446913
価格:2,000円+税
発売日:2017年1月25日(水)
発売元:ティームエンタテインメント
販売元:ソニー・ミュージックマーケティング

【あらすじ】
―――西暦2045年。時代と共に進化していく科学技術により、日本政府は人間の開発を行う時代を迎えていた。人口が減少し続ける国内では、少しでも多くの労働力を必要としていた為、政府は「休息を取る必要が無い人間」の開発に着手する事を決定。実験名は―RUNLIMIT(ランリミット)―
無作為に選出された国民は「被験体」として政府が独自開発した薬を投与されることに……。
そんな中、実験の「被験体」に選ばれた一人の少女がいた。だが、少女の幼馴染である6人の少年達は、彼女を守りたいが為、自らが身代わりとして「被験体」となった。それから、5年後――。「RUNLIMIT」は、史上最悪の実験と呼ばれることに……。被験体は夜になると理性を失い「凶暴化」する体質と変わり果て、やがて死を迎える。彼らはその命にタイムリミットをつけられたのである。そんなある日、少年たちが守りぬいた少女が「RUNLIMIT」プロジェクトの監察官となって彼らの前へ現れる。その手に被験体の「凶暴化」を止める為に開発された新薬を手にして……。残酷にも彼女の中に、彼らと過ごした記憶はない。果たして彼女は、被験体の命を救うことができるのか。少年たちを待ち受ける結末は死か――。それとも――。

【Track List】
トラック1:01-Past memories
トラック2:02-再会という名の始まり
トラック3:03-右脳≒左脳
トラック4:04-外のセカイ
トラック5:05-希望の音
トラック6:06-犠牲の裏に隠された真実
トラック7:07-In the future
トラック8:08-RUN-LIMIT(short ver.)/歌:織田かおり

※RUN-LIMIT(歌:織田かおり)は、各音楽配信サイトにて同日より配信開始!
高音質のハイレゾ配信も同時リリース!

『RUNLIMIT ―CASE1 片桐 連―』
片桐 連 役 ◆ 石川界人さん

IMG_1111

■収録後のご感想をお願い致します。

『RUNLIMIT』は(キャラクターが)暴走する設定があり、息を切らす表現が多かったので、演じる際全身の筋肉を沢山使い身体がとても疲れました!(笑)
収録では何回か休憩を取っていただいたので助かりました。
ですが、連のように誠実で真面目な人間がそうでなくなる葛藤や暴走してしまうシーンは、大変だからこそ役者としては非常に演じがいがあるシーンだったので、終始楽しみながら演じさせていただきました。

■演じられたキャラクターの魅力についてお聞かせ下さい。

王道な幼馴染でありつつも、時折見せる彼の幼い部分は可愛いなと思いましたね。
また、幼少期から主人公に対し恋心を抱いてきた変わらない部分と、時間を経て変わってしまった部分の両方が彼の魅力だと思ったので、そこを感じて頂けるように演じました。

■キャラクターは主人公を守りたかったがゆえに被験体となりました。ご自身の中で「絶対に守りたいと思うもの」はございますか?

お芝居する気持ちですね。お仕事をさせていただく中で、悩んだり苦しんだりすることも勿論あるのですが、どんなときも「自分は芝居が好きで、だからこのお仕事をしているんだ」という気持ちは、これからも失わずに守っていきたいです。

■ファンの方へのメッセージをお願いします

今回演じさせていただいた連は、すごく真っ直ぐで、大人な面と子供な面を併せ持っている男の子です。僕自身も連を可愛らしいと思う部分があったので、そんな彼の幼さや内面の熱い部分を感じて頂けたら嬉しいですね。
物語の設定と舞台にSF要素があって興味深く、お話も大変面白いので、お聴き頂いた皆様もこの作品で深く考える世界が広がると思います。
CASE1以降もお聴き頂き、『RUNLIMIT』の物語を最後まで見届けて頂けたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

■オトメイトレコード 公式サイト
http://www.otomate-records.jp/

■オトメイトレコード公式ツイッター

【キャスト直筆サイン色紙プレゼントキャンペーンのお知らせ】
各CDをお買い上げの方を対象に、抽選で出演キャストの直筆サイン色紙を1名様にプレゼント致します!
CDにアンケートはがきが封入されておりますので、アンケートにご回答の上、帯にある応募券を貼ってご応募ください。詳細はティームエンタテインメントサイト内・各商品ページをご確認ください。

(C) IDEA FACTORY/axcell

PR

-CD・音楽
-, , ,