CD・音楽

賢魔アトゥム、真理を閉ざす 子安武人さん、逢坂良太さんらが出演のドラマCD『螺湮城新伝 第二話』セブンネット独占で2月23日発売!

金銀雅風から金のドラマCDシリーズ『螺湮城新伝 第二話 ~ネフレン=カの章~』がセブンネット独占で2月23日に発売されます。

【商品情報】
■タイトル:螺湮城新伝 第二話 ~ネフレン=カの章~
■レーベル:【金のドラマCDシリーズ】金銀雅風
■キャスト:子安武人・逢坂良太・間島淳司・一条和矢・内田雄馬
■シナリオ:正田崇
■イラスト:晩杯あきら
■音楽:ZIZZ
■価格:3,000円(税抜)
■JAN:4944445028297(初回製造盤)
■品番:GGV-003
■発売日:2017年2月23日
■初回製造盤:出演声優陣による寄せ書きサインミニ色紙
■公式HP:金銀雅風 http://kingingafu.net/

■螺湮城新伝とは
「金のドラマCDシリーズ」セブンネット独占販売ドラマCD!
キルヒコ役に子安武人、ヒイロ役に逢坂良太を迎え、シナリオに正田崇、イラストレーションに晩杯あきらを迎えた、まさに金色に輝くドラマCDシリーズがセブンネットより独占販売が決定!

■ストーリー
忠誠を誓え、俺だけに――

遥かな過去、未曾有の天変地異により世界から消えた超大陸――ミヨイ。
今や僅かな文献にしかその名は残らず、架空のものとして人々の記憶からも消えようとしている伝説の地。
しかし、それは実在した。
ミヨイも、そこに住まう者たちも、現実とは異なる世界において存在し続けてきたのである。
独自の文明、独自の進化。あるいは魔、あるいは神と呼ばれる異能長命の種族として。
そのミヨイは今、自ら王を名乗る五人によって引き裂かれ、覇を競う乱世となっている。
いや、ついに五人となったと言うべきか。
長きに渡る群雄割拠の時代が、ここに最終局面を迎えようとしているのだ。
ゆえに一触即発。五人の魔王が決戦の機を窺いあう権謀術数の季節。
それは大乱を前に必然として発生する、一瞬の凪。
だがここに、我こそミヨイの正統なる王だと宣言する六人目が現れた。
彼は告げる。
俺のものである貴様たち、何を勝手に争っている。
貴様の血も魂も何もかも、すべては俺のためだけにあると知れ。

■世界観
・ミヨイ
太古、天変地異により現実世界から切り離されたまま、異次元を漂い続けている超大陸。
その影響か、ミヨイの生命は大半が幻想世界の住人めいた力と性質を持っている。
現在は五人の大諸侯が覇権を争う乱世だが、その原因は千年前にミヨイの皇族が軒並み消えてしまったという事実に遡る。

・螺湮城
ミヨイの中心、大深淵のさらに中央部に聳え立つ巨大建造物。
もとはミヨイ皇帝の居城だったが、千年前に突如として変貌し、今は何者も立ち入るどころか近づくことさえ出来ない。
その外観は物理法則を無視したかのごとく奇妙に捩れ、ミヨイにおいても異界の様相を呈している。

・大深淵
かつての皇帝直轄領。
しかし螺湮城の変貌と同時に街は地殻ごと崩れ落ち、今は奈落のごとき巨大な穴と化している。
その底が何処に通じているかは誰にも分からず、降りて戻ってきた者は一人もいない。

・ヴルトゥーム
五大諸侯の一、オベロンが統べる幽玄の妖精郷。
美こそがすべてであり、麗しき者こそが正義とされる絢爛の地。

・ハストゥール
五大諸侯の一、ユピテルが統べる悦楽の黄金郷。
興こそがすべてであり、楽しき者こそが正義とされる酒池肉林の地。

・ネフレン=カ
五大諸侯の一、アトゥムが統べる叡智の理想郷。
智こそがすべてであり、賢き者こそが正義とされる英明の地。

・崑崙
五大諸侯の一、履癸(ルゥグイ)が統べる無頼の桃源郷。
力こそがすべてであり、強き者こそが正義とされる弱肉強食の地。

・九頭龍
五大諸侯の一、法眼が統べる秩序の暗黒郷。
理こそがすべてであり、清き者こそが正義とされる管理統制の地。

第二話発売決定!!

■第二話情報
賢魔アトゥム、真理を閉ざす

■ネフレン=カの章
智を第一の価値観とする地、ネフレン=カ。
そこを訪れたキルヒコとヒイロは、とある事情からロビン・ロクスリーと再会し、彼の仕事を手伝うことになる。
王家の墓と呼ばれる謎の遺跡。その深奥に隠された秘密の解明。
ネフレン=カの王であるアトゥムは、なぜ王家の墓を閉ざしたのか。
ミヨイの真実、その一端が今、明らかになる。
螺湮城新伝第二弾、ネフレン=カの章ここに開幕。

■登場人物
キルヒコ
CV:子安武人
「天上天下に王は一人、この俺だけであろうがよ」
乱世の最終局面を迎えたミヨイに突如現れ、己が正統なる支配者だと自称している主人公。
傲慢、強欲、粗暴かつ好色で陰険なうえに薄情という、どうしようもない性格だが、それがゆえにミヨイの技術、資源、命も含むあらゆるものは己の所有物と放言して憚らない。
彼の論理では自分の持ち物である五大諸侯が勝手に殺し合いをするなど言語道断。それを決定するのは己であるという極めて自分勝手な理屈のもと、ミヨイの争いに身を投じることになる。
なお、本名は非常に長く複雑なため、キルヒコ自身も面倒くさがって使用しない。

ヒイロ
CV:逢坂良太
「それでこそキルヒコ様、私にとって唯一の主であられる方です」
キルヒコの従者を務める少年。
傍若無人なうえに世間知らずな主にいつも振り回されている苦労人で、一見すると常識的かつ良心的な存在。
しかしヒイロもまた渾名であり、本名はキルヒコ以外の者に発音不可能で記憶することも出来ないという不思議な面を持っている。

アトゥム・ジェフティメス・イーベンラー
CV:間島淳司
「お怒りかな、自称ミヨイの皇帝殿。そなたら二人のことは、すでに噂となっているぞ」
ミヨイを五つに裂いて争う五人の魔王の一人。
智を絶対の価値観とする人物だが、王家の墓と呼ばれる謎の遺跡に民が立ち入ることをなぜか禁じた。
それはネフレン=カに動揺を生み、事態は慌ただしく動き始める。

アブドゥル・アズラッド
CV:一条和矢
「つまりだな。知りたいという人の心を止めるなと言っているのだ」
智は万民に開かれるべきという信念のもと、アトゥムの命を無視して王家の墓に挑もうとする学士。
極めて優秀な男だが、真理を求める狂気的なまでの情熱から危険人物扱いされている。
勉強のしすぎで馬鹿になった奴、というのがロビンによる所感。

ロビン・ロクスリー
CV:内田雄馬
「前略、親愛なるアイヴァンホー。俺は今、ネフレン=カにいる」
ヴルトゥームの支配者、オベロンの臣下である青年。
キルヒコたちに恩を返すという目的でネフレン=カを訪れ、再会を果たした。

■第一話好評発売中!

【パッケージ情報】
ブランド名:【金のドラマCDシリーズ】金銀雅風
タイトル:『螺湮城新伝 第一話 ~ヴルトゥームの章~』初回製造盤 0話CD付
価格:3000円(税抜)
品番:GGV-001
JAN:4944445027825
発売日:2016年10月25日
キルヒコ:子安武人
ヒイロ:逢坂良太
シナリオ:正田崇
イラスト:晩杯あきら
BGM:ZIZZ

美妖オベロン、嘆きを奏でる

美を第一の価値観とする地、ヴルトゥーム。
麗しき夜の種族たちを統べる君主であり、ミヨイの五大諸侯が一角でもあるオベロンは、しかしモチベーションの低下に悩まされていた。
かつては疑いなく信じることができた己の道を見失い、我は本当に覇者の器なのかと憂う日々。
彼の惑いは臣下の者たちにも波及して、ヴルトゥームは揺れ始める。
そしてそこに現れるキルヒコとヒイロ。
美の行方を懸けた争いは、如何なる結末へと向かうのか。
螺湮城新伝第一弾、ヴルトゥームの章ここに開幕。

■第一話登場人物

オベロン・アルベリヒ・ヴァルプルギス
CV:関智一
「笑ってくれゾティーク。私は己の美を見失った」
ミヨイを五つに裂いて争う五人の魔王の一人。
美しくあることを絶対の価値観とする人物だが、ミヨイの戦乱を至高の芸術として昇華させるという事業に躓き、自信を失い始めている。

ゾティーク・コルガイ
CV:置鮎龍太郎
「私はおまえが見込んだ通り、おまえを救える男であったと誇りたいのだ」
オベロンの側近にして、親友でもある吸血鬼。
友の苦悩を拭ってやれない自分に絶望し、禁断の業へと手を伸ばす。

ウィルフレッド・アイヴァンホー
CV:佐藤拓也
「この剣に懸け、貴様の命は私が守ろう」
オベロンの近衛を務める青年騎士。
真面目で義理堅く、礼を弁えた好人物だが、反面杓子定規で融通が利かないという欠点もある。

(C) 金銀雅風

PR

-CD・音楽
-