CD・音楽

オトメイトレコード第6弾シリーズ『RUNLIMIT』『恋色始標』『渇望メソッド、梟は夜に哭く』の第3巻が本日3月22日発売! キャストインタビュー到着!

オトメイトレコード第6弾シリーズとなるキャラクターCD「RUNLIMIT」「恋色始標」「渇望メソッド、梟は夜に哭く」が6ヶ月連続リリース。
各シリーズの第3巻が本日3月22日発売となります。

【第3弾】春木(声:興津和幸)

タイトル:渇望メソッド、梟は夜に哭く 三ノ仔 春木
キャスト:春木(声:興津和幸)
品番:KDSD-00943
POS:4560372446876
価格:2,000円+税
発売日:2017年3月22日(水)
発売元:ティームエンタテインメント
販売元:ソニー・ミュージックマーケティング

【あらすじ】
夏木と春木と少女は、幼稚園も小学校も中学校も高校もずっと一緒だった。

本当の家族のように育ってきて、お互いがいればそれでよかった。

少しずつすれ違う夏木と春木。
けれどそれは、彼らにとってはすれ違いではないのかもしれない。

春木は夏木に謝り続けた。
弟が自分を信じてくれたことを嬉しく思いながら、
裏切る選択しか出来ない自分を責め続けた。

そして、少女が人形になってしまったことを嘆き、
少女が人間に戻ろうとしているのが怖いと泣く。

いつか別れがくるとしても、
夏木と少女と一緒に歩む未来を捨てられない春木が選ぶ答えとは――

【トラックリスト】
01. 宵の手招き
02. 幸せで苦しい人形遊び
03. アンタに目隠しをする理由
04. 本当はこの悪夢から目覚めたい
05. 夏木を愛しているから、化け物は俺だけでいい (分岐A)
06. 二人を愛しているから、いつか……三人一緒に笑いたい (分岐B)
07. Alone with you (Short ver.) / 歌:そらる

『渇望メソッド、梟は夜に哭く 三ノ仔 春木』公式インタビュー
春木 役 ◆ 興津和幸さん

■収録後のご感想をお願い致します。

今作もダミーヘッドマイクでの収録だったのですが、傍にいる状況が多かったので囁きは普段よりとても多かったです。
囁き好きの方には楽しんで頂けるんじゃないでしょうか(笑)。

■前作は絶望ばかりでしたが今作は少し希望も見えた終わり方だったと思います。

作品に対しての印象で変わった部分などありましたか?
前作は絶望しかなくて血だらけな印象だったのですが、今作は吸血シーンももちろんありましたが心の葛藤が多く描かれていたのでお芝居としてもやりがいがありました。
主人公と弟の夏木のどちらを選ぶか。
これについては僕も考えてしまいました。希望はあったのか。
答えは分かりませんが彼らにとっては希望だったんでしょうね。
前作のイメージカラーは黒に血の色という印象でしたが、今作はほのかに薄桃色が見えた気がします。

■春木は弟の夏木と反対に甘い食べ物が好きです。
ご自身は甘いものはお好きですか?

どちらかというと辛い方が好きです。
けど、たまに甘いものを食べると幸せな気持ちになりますね。
辛いもので一番好きな食べ物はカレーです。
先日も20倍辛いカレーというのを食べました。
最近気づいたんですが辛いカレーにチーズをトッピングすると、まろやかになります!

■ファンへのメッセージをお願い致します。

渇望メソッド続編です!
春木くんは弟の夏木くんについてや主人公のこと、色々なことに葛藤しています。
最後まで彼の葛藤をお聴き頂けたら嬉しいです。
そして、春木くんだけじゃなくて夏木くんがどんな葛藤をしているのかも是非聴いてみてください。宜しくお願いします。

【第3弾】仁科遥人(CV.古川 慎)

タイトル:恋色始標 FILM.3 仁科遥人
キャスト:仁科遥人(CV.古川 慎)
品番:KDSD-00955
POS:4560372446999
価格:2,000円+税
発売日:2017年3月22日(水)
発売元:ティームエンタテインメント
販売元:ソニー・ミュージックマーケティング

【Story】
──この痛みが恋だと言うのなら、恋なんて……知らなくていい。
高校生読者モデルとして活躍している仁科遥人は、女の子が大好き。
といっても軽い付き合いを好み、重いのは苦手。
ある日、ひょんなことをきっかけに、遥人は図書委員であるアナタと出会う。
遥人はアナタとも「お友達」になろうとするが、
ふたりの価値観はあまりにもかけ離れていて……?
傷つけた痛み、傷ついた痛み。はっきりしない「友達」という境界線。
涙で初めて気づく、恋の物語──。

【トラックリスト】
Scene1:『好き』はひとりだけに
Scene2:安らげる場所
Scene3:課外授業
Scene4:敵前逃亡
Scene5:友だちみたいに
Scene6:ごめん、笑えない
Scene7:いっぱいの飴玉
Scene8:つれないけれど大好きで
瞬きの間に(Short ver.)/歌:SHOJI from パレードパレード

恋色始標 FILM.3 仁科遥人
仁科遥人 役 ◆ 古川 慎さん

■収録を終えてのご感想をお願いいたします。

楽しかったですね! 心の動きみたいなものがすごく丁寧に描かれているお話で、どんどん役を演じているうちに彼女の事が好きになっていく自分自身がいるな、と思いながら収録を進められた作品でした。だから、終わってしまった今、彼女が横にいないというのが寂しいなぁと感じております……(笑)。

■演じられたキャラクターはどんな人物ですか?
印象、魅力についてお聞かせください。

モデルをやっている、チャラいという設定だったのでそれを踏まえて演じさせて頂いたのですが、演じているうちに本当は純情なんだなという印象を受けました。本気の「好き」がわからないという部分も、本人の性格がすれているわけではなくて、本当に自分が誰の事が好きかわからない、ある意味すごく純粋で真っ直ぐな少年だなと思いましたね。日常的に誰かから向けられる好意には慣れているけど、自分が本当に好きだなと思えた相手に対しては戸惑いがあったりして可愛かったです。モデルというところは自分から大分遠い人だと感じましたが、台本を読んだらすごく好感が持てて、好きになれたキャラクターだなと思いました。

■本作は「片想い」をテーマにしておりますが、ご自身が最近好きになったもの、ハマっているもの等御座いましたらお聞かせください。

今履いている「ブーツ」ですかね! アウトレットストアで買ったんですけど、左右でちょっと色が違うんですよ(笑)。買った当初は同じ色で、同じように手入れもしてるんですけど、右側だけなかなか光沢が出なくなってしまって……。この右側の靴に片想いしてます。一目惚れした自分としては、早く振り向かせて光沢を出させたいですね!(笑)

■ファンの方へのメッセージをお願いいたします。

仁科遥人くんは、チャラ男など皆様が事前情報で色々と得られているイメージがあるかと思いますが、本当に優しい男の子で御座います。この彼女になりきってCDを聴いて頂けるとより楽しめるのではないかと思いますし、役を通じて僕自身との会話を紡いていただけたら嬉しいです。また、今回は「涙恋」ということで、涙を伴う恋模様といったものが皆様に伝われば役者明利に尽きるなと思います。是非発売を楽しみにして頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします!

【第3弾】CASE3 倉島 律(CV:木村良平)

タイトル:RUNLIMIT ―CASE3 倉島 律―
キャスト:倉島 律(CV:木村良平)
品番:KDSD-00949
POS:4560372446937
価格:2,000円+税
発売日:2017年3月22日(水)
発売元:ティームエンタテインメント
販売元:ソニー・ミュージックマーケティング

【あらすじ】
――倉島律は、収容施設の中、己の凶暴化を必死に抑えようとしていた。
が、その意思を裏切るように「魔の時刻」はやって来る。
夜になったその瞬間、理性を失った律は、施設内を次々に破壊し暴れ回るのであった。
五年前、日本政府が行った実験「RUNLIMIT」の被験体となった律は、実験失敗の代償として、その身体に致命的な欠陥を負ってしまっていた。
夜になると、実験が与えた右脳・左脳への影響で理性を喪失し、凶暴化する体質へと成り果ててしまったのだ。
18歳の彼に残されたタイムリミットは、あと僅か……。
そんなある日、律の前に新しい監察官が現れる。
それは律にとって、誰よりも大切な幼馴染の少女だった。
しかし彼女の脳内からは、律との思い出は消えてしまっている。
施設内では「最も危険な被験体」として扱われている律。
「俺はバケモンだ。お前も食われないうちにとっとと逃げるんだな」
彼女に対し、冷酷な態度で牽制する律であったが……。
この再会によって、実験の裏に隠された悲しき愛の物語が、ふたたび動きはじめる――

【トラックリスト】
トラック1:01 - Past memories
トラック2:02 - 抜け出せない帳
トラック3:03 - 揺らぐ覚悟
トラック4:04 - 理性≒大切なモノ
トラック5:05 - 今も昔も変わらない
トラック6:06 - 最後の優しさ
トラック7:07 - In the future
トラック8:08 - RUN-LIMIT(short ver.)/歌:織田かおり

『RUNLIMIT』
倉島律 役 ◆ 木村良平さん

■収録後のご感想をお願い致します。

企画書を読んだとき、とても面白い設定だなと思いました。
新鮮で刺激的だなと感じましたね。その反面、広げていく難しさもあると思うのですが……台本を読んで「なるほど」と思って。6人のうち1人でもCDを聞いたら、きっと他のキャラクターのお話も興味が湧く世界観だと思いました。律と彼女の物語が、どんな終わりを迎えるのか、楽しみにしていてください。

■演じられたキャラクターの魅力についてお聞かせください。

素直なところですね。表面上はひねているからこそ、余計に素直さが目立つというか。
で、それが彼女にバレバレな所も可愛いですよね(笑)。
言葉が荒いだけで、本当に辛くは当たれないし、冷たくは出来ない。そしてちょっとやりすぎると凹んじゃう(笑)可愛い子だなと思いましたね。

■キャラクターは主人公を守りたかったがゆえに被験体となりました。ご自身の中で「絶対に守りたいと思うもの」はございますか?

もうしばらく、毛髪は守ってあげたいですね!
今のところまだ大丈夫だと思います(笑)。

■ファンの方へのメッセージをお願い致します。

特殊な設定がありつつ、描かれているのは人の心であったり、誰かを大事にしたいという思いであったり……そういうものが根底にある作品です。
僕が演じた律くんは、そんな辛い環境に居ちゃいけないくらいイイ奴なので、CDを聞く事によって、ぜひ彼を救ってあげてほしいです。
刺激的でドキドキするところも詰まっている作品なので、そちらも含めて楽しんでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

<キャスト直筆サイン色紙プレゼントキャンペーンのお知らせ>
各CDをお買い上げの方を対象に、抽選で出演キャストの直筆サイン色紙を1名様にプレゼント致します!
CDにアンケートはがきが封入されておりますので、アンケートにご回答の上、帯にある応募券を貼ってご応募ください。
尚、プレゼント応募の締め切りは2017年6月末日までとさせていただきます。(当日消印有効)
(商品の発送は、2017年7月下旬を予定しています。当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。)

オトメイトレコード 公式サイト:http://www.otomate-records.jp/
オトメイトレコード 公式ツイッター:https://twitter.com/otomate_records

(C) IDEA FACTORY/axcell

PR

-CD・音楽
-, , ,