アニメ イベント

『美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE!』『マジきゅんっ!ルネッサンス』など「AnimeJapan 2017」ポニーキャニオンブースイベントレポート到着!

「AnimeJapan 2017」ポニーキャニオンブース ■1日目■

3月25日(土)、26日(日)に、東京ビッグサイトにて開催された世界最大級のアニメイベント『AnimeJapan 2017』。そのポニーキャニオンブースにおいては、ポニーキャニオンのアニメキャストやアーティストが多数登場するステージイベントが展開された。
今年のぽにきゃんブースでは、50周年イヤーを彩るアニバーサリーということで、両日共にトークイベント『CASINO ROYALE PONY CANYON 50th』を開催。25日(土)には、新規プロジェクト トークステージのほか、「竹達彩奈」「つぐもも」「セイレン」「小林さんちのメイドラゴン」「MICHI×和島あみ」「美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE!」といった6つのステージイベントが行われた。25日(土)に行われた6つのステージはすべて橘えみりがMCを担当。

『CASINO ROYALE PONY CANYON 50th』ということで、トークテーマはルーレットで決定。さらに、ルーレットを回す前に、出演者がルーレットの数字を予想し、的中すると観覧者に直筆サイン色紙をプレゼントするという趣向で行われた今回のポニーキャニオンブース。ここではその模様をダイジェストで紹介していこう。

【美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE!】
昨年放送されたTVアニメ第2期シリーズに続き、OVAとしての制作が決まっている『美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE!』からは、箱根有基役の山本和臣と鳴子硫黄役の白井悠介が出演。ステージに登場すると、「我ら、永久に愛の王位継承者!バトルラヴァーズ」の名乗りで会場を盛り上げる。

トークテーマ「最近、失敗した話」では、“最近24時間がよくわからない”という山本。14時と15時がごっちゃになって、15時の待ち合わせなのにPM2時に行ってしまうことがあるという告白に、白井も会場も首を傾げる事態に。なお、防衛部のメンバーでビアガーデンに行く約束をした際は一週間まちがえたという天然(?)エピソードも披露された。
「ポニーキャニオンにお願いしたいこと!」では、「美男高校地球防衛部」が3年目に突入したことを踏まえて、あと7年くらい続けてもらいたいという白井。「目指せ10周年!」。それくらい息の長いコンテンツにしてほしいという願いに、会場からも大きな歓声が上がった。

「AnimeJapan 2017」ポニーキャニオンブース ■2日目■

26日(日)も引き続き、ポニーキャニオンブースでは、トークイベント『CASINO ROYALE PONY CANYON 50th』を開催。26日(日)には「フレームアームズ・ガール」「マジきゅんっ!ルネッサンス」「遠藤ゆりか」「下野紘」「サンリオ男子」「カブキブ!」「ダイヤのA」といった7つのステージイベントが行われた。前半4ステージは、前日に引き続き橘えみり、後半3ステージは遠藤ゆりかがMCを担当。ルーレットを使ったトークテーマの決定、および共通企画「ステージ対抗 ダイスタワーチャレンジ」など、基本的な進行は前日と同様で行われた。

【マジきゅんっ!ルネッサンス】
2016年10月より放送されたTVアニメ『マジきゅんっ!ルネッサンス』からは、一条寺帝歌役の梅原裕一郎が登壇。「最近、嬉しかった話」というテーマでは、自身の誕生日に、墨ノ宮葵役のKENNからお祝いのLINEが来たエピソードを明かした。

また、「わかっちゃいるけどやめられないこと!」では、カップ麺が大好きで、深夜に食べてしまうのがやめられないこと、「新年度から挑戦してみたいこと!」では、最近まったく筋トレができていないので、週一、ニ回は定期的に行うことをあらためて決意していた。
そして、「卒業したいこと!」では、夜も遅いし、食べ物もジャンキーだし……と“不摂生な生活”を挙げ、最近はゲームにハマって寝不足であることを告白した。
ダイスタワーチャレンジでは、ここまでで最低となる6個。くやしがる梅原だったが、同じく最低の6個だったのが、自らも出演する作品と知って、『地球防衛部』と同じならいいか……と苦笑いを浮かべた。

【下野紘】
今回のぽにきゃんブースで、もっとも観客を集めたのが、続く「下野紘」ステージ。下野がステージに登場するや、客席からは大きな歓声が上がる。
トークテーマ「私の青春はコレでした!」では、友達とママチャリで往復100キロくらいを走った青春時代を振り返った。

「ポニーキャニオンにお願いしたいこと!」では、まず“ライブ”を挙げ、さらに、サンリオとのコラボの流れで、『サンリオ男子』に出演したいという野望を口に。そして、「新年度から挑戦してみたいこと!」では、4月から大きなイベントが続くので、それが挑戦であり、皆さんに楽しんでもらえるステージにしたいと、あらためて意気込みを語った。
4月19日には、『カブキブ!』のオープニングテーマとなる3rdシングル「Running High」をリリースする下野だが、今回のステージではそのジャケット写真・リリースイベント情報に加え、サンリオの「シナモロール」とのコラボイラストも公開された。

【サンリオ男子】
サンリオキャラクターが好きな男子高校生5人組を描く『サンリオ男子』。2018年冬のTVアニメ化が予定されている本作からは、吉野俊介役の大須賀純と西宮諒役の花倉洸幸がステージに登場した。

トークテーマ「人生のターニングポイントは?」では、下野紘が初主演のアニメを見たことが、声優を志すきっかけになったという花倉に対し、大須賀は、小学校の同級生の父親が声優だったことが、声優という職業を知るきっかけになったという。
また、「今までで一番緊張した話」では、花倉は、声優を目指すきっかけになった下野と初めてあったときのエピソードを披露。一方、大須賀は、『サンリオ男子』のキャストに決まったとき、メンバーの内の3人が平成生まれで、しかも30代が自分一人だったため、話がちゃんと合うのか心配だったと当時を振り返った。
また今後の展開へ向けて、恋愛ゲームアプリの主題歌を全員で歌ったようにアニメでもメンバー5人でもう一度歌わせてほしいという希望を語った。

【カブキブ!】
2017年4月より放送開始予定のTVアニメ『カブキブ!』からは、来栖黒悟役の市川太一と阿久津新役の逢坂良太がステージに登場。カジノトークの際、逢坂が“黒の8”に1点掛けすると、ルーレットの目がまさかの“黒の8”になるというミラクルで大盛り上がりを見せる。

トークテーマ「ポニーキャニオンにお願いしたいこと!」では、“仕事がほしい”という市川が、『カブキブ!』とは別に、スポーツ部活モノに出演したいという希望を語ると、逢坂は、“仕事とは関係なく”プライベートで旅行させてほしいという欲望を口にした。
「私の青春はコレでした!」では、市川は、学生時代の部活動(バスケットボール)を挙げ、当時はすごく嫌だったが、今考えると楽しかったと振り返る。一方、いまだ“青春真っ只中!”という逢坂は、趣味を持つと、それのために頑張れるので楽しいと語った。
『カブキブ!』の作品紹介では、収録に入る前に、歌舞伎座の稽古場で、プロの役者に発声方法などを教わったエピソードを披露。歌舞伎という世界に挑戦することは大変だが、とてもやりがいがあると声を揃え、『カブキブ!』をきっかけに、歌舞伎に親しんでほしいと、観客にアピールした。

【ダイヤのA】
AnimeJapanのポニーキャニオンステージにおいて、もはや恒例となった大トリの『ダイヤのA』ステージ。今年は、沢村栄純役の逢坂良太と降谷暁役の島﨑信長が、青道高校のユニフォームを羽織っての登場となった。トークテーマ「ポニーキャニオンにお願いしたいこと!」では、現在、原作が連載中の『act2』のアニメ化を挙げ、原作の完結まで、アニメもやりきってほしいと口を揃えた。

「今まで一番緊張した話」では、北海道での始球式を挙げた島﨑に対し、逢坂は1月からはじまったラジオに、片岡監督役の東地宏樹がゲストに来た際のエピソードを披露。すごく熱く語ってくれたと、収録時の様子を振り返った。

原作コミックやアニメ、そして舞台の情報を網羅するファンクラブ「ダイヤのA The Family」が、主人公・沢村栄純の誕生日である5月15日からオープンするなど、さらなる盛り上がりが期待される『ダイヤのA』。今後、東京ヤクルトスワローズや東北楽天ゴールデンイーグルスとのコラボも予定されるなど、今後の動向にも注目しておきたい。

(C) 馬谷くらり/黒玉湯保存会
(C) Project マジきゅんっ!
(C) PONYCANYON
(C) 1976,1996,2001,2015,2017 SANRIO CO.,LTD. 聖川高校PTA
(C) 榎田ユウリ/KADOKAWA/カブキブ推進委員会 Original Character Design (C) CLAMP・ST
(C) 寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA‐SS‐」製作委員会・テレビ東京

PR

-アニメ, イベント
-, , , , ,