劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』最新場面写真公開! TVアニメ『プリティーリズム』シリーズの要素も随所に!

6月10日(土)より全国で公開する劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」の本編に、TVアニメ「プリティーリズム」シリーズの要素が随所に隠れた、旧来のファンも嬉しい内容になっていることが発表されました。

スポンサーリンク

劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」は現在公開中の劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(2016年1月9日より全国公開中)の新作として描かれます。4年に一度開催されるプリズムキングカップの出場を目指すプリズムスタァ候補生たちの前に立ちはだかるエーデルローズ解散の危機。借金返済のためにハリウッドで音楽制作に打ち込むコウジ、カヅキはストリート系の原点を見つめなおし、ヒロは己を高めるために特訓に打ち込む。それぞれの場所で自分自身と向き合い、改めて問われる互いの絆。予想だにしない波乱の中、いよいよプリズムキングカップの幕が開けます。

前作では、リピートする人が続出した本作ですが、その理由の1つが、本編にちりばめられた“隠し要素”です。カットの隅々に、一度見ただけでは気づかない仕掛けが隠れており、応援上映時、気づいたファンから「後ろ後ろ!」など、突っ込みの声援が行われる様子も話題を呼びました。
今回発表になった場面写真の1点では、車に乗り込む仁科カヅキ、黒川冷の後ろに貼られた広告に同シリーズ、“レインボーライブ”のヒロインである「ハッピーレイン♪」のメンバーが描かれており、彼らがTVシリーズ後も、活躍している様子が伺い知れます。また、もう1点では、若かりし日にプリズムショーをする法月仁の横に、“ディアマイフューチャー”に登場したマスコット「ペアチャム」が描かれているなど、歴代作品のファンであれば、思わずクスリとしてしまう要素が盛りだくさんとなっています。本作で初めて「プリティーリズム」シリーズに触れる人はもちろん、歴代プリティーリズムファンであれば、見れば見る程、新しい要素に気付く嬉しい内容になっていること間違いありません。

全国各地で試写会も行われ、いよいよ6月10日の上映に向けて、新作の全貌の明らかになってきた「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」に引き続きご期待ください。

スポンサーリンク

<本日公開の場面写真>

▲ TVシリーズのヒロインの描かれたポスター

▲ 仁の横に描かれた“ペアチャム”

<KING OF PRISM -PRIDE the HERO->
■タイトル:劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」
■キャッチコピー:繋がれた絆が今、動き出す
■公開表記:6月10日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
■スタッフ
監督:菱田正和、脚本:青葉譲、CGディレクター:乙部善弘、キャラクター原案&デザイン:松浦麻衣、プリズムショー演出:京極尚彦、音楽:石塚玲依、音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ、音響監督:長崎行男、音響制作:HALF H・P STUDIO、原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ、アニメーション制作:タツノコプロ、配給:エイベックス・ピクチャーズ、製作:キングオブプリズムPH製作委員会
■キャスト
神浜コウジ:柿原徹也、速水ヒロ:前野智昭、仁科カヅキ:増田俊樹、一条シン:寺島惇太、太刀花ユキノジョウ:斉藤壮馬、香賀美タイガ:畠中祐、十王院カケル:八代拓、鷹梁ミナト:五十嵐雅、西園寺レオ:永塚拓馬、涼野ユウ:内田雄馬、
法月 仁:三木眞一郎、如月ルヰ:蒼井翔太、大和アレクサンダー:武内駿輔、氷室 聖:関俊彦、黒川 冷:森久保祥太郎、山田リョウ:浪川大輔

劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」は6月10日全国公開。
HP http://kinpri.com/
Twitter @kinpri_PR

(C) T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズム PH 製作委員会

スポンサーリンク