『夢舞台 艶が~る 初宴』ゲネプロレポートとオフィシャル写真、キャストコメント到着!

スポンサーリンク

絶賛好評公演中の『夢舞台 艶が~る 初宴』のゲネプロレポートとオフィシャル写真、キャストコメントが到着しました!

スポンサーリンク

<ゲネプロレポート>
原作は120万人がプレイした大人気恋愛ゲーム『艶が~る プレミアム』
他の恋愛ゲームに無い特徴としては、一人の登場人物以外、全員史実通りの動きをしているということだ。恋愛の都合で歴史は改変されないため、男性中心に描かれる幕末事変と女性目線の恋愛模様が舞台化の注目ポイントでもある。

紅白の提灯が劇場の左右に飾られ、ほんのりとセットを照らしている。主人公の高校生が、幕末へタイムスリップする原因となった写真機が中心に置いてある。

時は文久3年。
物語はタイムスリップした平成の女子高生・さくらが置屋の主人に預けられたところから始まる。
唯一架空の人物・藍屋秋斉。彼に預けられたさくらは新造として、新選組をはじめとする幕末の志士たちと触れ合っていく。「蛤御門の変」「池田屋事件」など、著名な事件を通して、彼らが自分たちが生きていた「日本の未来」を真剣に考えるく熱く、強い思いにうたれていく。同時に、さくらは藍屋の隠された部分を垣間見て、少しずつ惹かれていくのだった。

物語の後半は、徳川慶喜が大政奉還を成した直後の話。伏見奉行所へと向かう道すがらの殺陣シーンは圧巻! 前方席では本物の鍔迫り合いの音が届くほどの剣戟は、畳み掛ける構成のため、恋愛ゲーム原作と思って見ているとひたすら引き込まれること間違い無し!

今回は「月END」「結END」の二種類のENDが用意されている。
それぞれさくらが藍屋と共に「平成に戻る」か、「幕末に残る」かというもので、原作ゲームは課金が必要なエンディングだという。舞台も両END共にゲームと同じ驚きを用意しているということなので、見てのお楽しみだ。

恋愛の“艶”と、男性キャストの無骨な“艶”が楽しめる『夢舞台 艶が~る 初宴』は6月25日(日)まで新宿村LIVEで上演中

<キャストコメント>

◆藍屋秋斉役/瀬戸啓太
今回この舞台を通して今までより更に《艶が~る》という作品が勢いづくよう精一杯、全力で頑張りたいと思います。
特に若い人が多いこのカンパニー
毎日、毎公演、舞台、キャラクター共に役者も成長していきます。
応援のほど宜しくお願い致します。

◆土方歳三役/鶏冠井孝介
夢舞台 艶が~るはタイムスリップした高校生が恋をする。甘い恋愛模様を描いたファンタジーラブストーリー。だけではありません。
史実にある出来事などを経て、幕末の世をどう生き抜いたか。そしてどう愛したのか。
今日まで作り上げてきたものを皆様にお見せしたいと思います。

◆沖田総司役/小田川颯依
いよいよ初日の幕が開きます。今日まで、艶が~るの沖田総司になれるようにたくさん勉強してキャラクターに真正面から向き合ってきました。艶ステでこの役を演じることができる幸せを噛み締めて今日から25日まで駆け抜けていきたいと思います。応援よろしくお願いします!

◆結城翔太役/大見拓土
稽古が進むにつれさくらを想う気持ちもより深くなり、役の気持ちにしっかり入り込めたと思います。
2つのエンドがありますので、毎公演それぞれの魅力をしっかり楽しんで頂けるよう頑張ります!!

◆徳川慶喜役/齋藤ヤスカ
ついに初日を迎えます!
この日のために頑張って来たものを出す時です。
見所たくさんの舞台ですが、お客様に沢山楽しんで頂けたら幸いです。
是非、劇場にいらしてください。
お待ちしております!

◆さくら役/川井優沙
皆さんこんにちは、主人公さくら役の川井優沙です。
艶ファンの皆様をはじめたくさんの方々の支えの元、いよいよ幕が開けました。
感謝の気持ちでいっぱいです。不安もドキドキもありますが、さくらちゃんの真っ直ぐなところを見習って突き進めたらと思っております。
精一杯頑張ります!

『夢舞台 艶が~る 初宴』好評公演中!
2017年6月17日(土)~25日(日)新宿村LIVE
http://tsuyastage.otomelive.com/

撮影:植田鉄平、菅原愛(リジュエ)

スポンサーリンク

(C) Interspace Co.,Ltd. (C) 舞台艶が~る製作委員会