ラジオ・動画・TV・映画

声優ヒューマンバラエティー『声優男子ですが・・・?』新シーズンが7月12日より放送開始! メンバーたちのコメント到着!

CS放送ファミリー劇場(運営:ファミリー劇場)オリジナル番組『声優男子ですが・・・?』の最新作となる“シーズン3”がついに7月放送開始が決定いたしました! 今をときめく声優男子7人による人気バラエティ『声優男子ですが・・・?』最新シーズンのテーマは「弱点克服」です。特番『声優男子ですが・・・?』が始まった2014年から数えて3年の月日が立ち、成長した声優男子たち7人がどんな弱点を持ち、いかにして克服していくか、さらなるパワーアップを目指す彼らの姿は必見です。
そして、出演する声優男子たちからコメントが到着いたしました。新たなシーズンに突入する彼らの意気込みとともに『声優男子ですが・・・? シーズン3』をよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

『声優男子ですが・・・?』特設サイト http://www.fami-geki.com/seiyu-danshi/

★『声優男子ですが・・・?』シーズン3
放送日:7月12日(水)22:30‐23:00 ほか (隔週更新)
【出演】:上村祐翔、梅原裕一郎、河本啓佑、小林裕介、白井悠介、本城雄太郎、山本和臣(50音順)
【ナレーション(アンドリュー)】:諏訪部順一
特版『声優男子ですが・・・?』が始まった2014年から丸3年。皆様からの応援でいよいよシーズン3に突入した『声優男子ですが・・・?』。シーズン1では声にまつわる企画、シーズン2では自らが考えた企画に挑戦してきた声優男子たち。シーズン3のテーマはズバリ「弱点克服」! 番組自身や、それぞれの声優男子たちが抱える弱点を克服したり、お悩みをすっきり解決し、さらなるパワーアップを目指します!

『声優男子ですが・・・?シーズン3』メンバーたちからのコメント
Q「あなたにとって“声優男子”とは?」

■上村祐翔:

A「広い意味で『男子校』、狭く言えば『部活』。僕にとって、メンバーは楽しく熱くいつまでも続いていく、そんな仲間です」
シーズン1も2も本当に色々なことをやらせてもらいました。自分たちの考えたキャラクターがアニメになったり、イベントで朗読劇をやらせてもらったり。シーズン3では、『声優男子ですが…』を通して、それぞれが成長していると思いますし、それぞれが役者として得てきたものを出せているんじゃないかと思いました。だからこそ、もっともっと色々なことがしたいなって思えます。三年間、このメンバーと過ごしてきて、安心感があるし、会うだけで、自然と盛り上がっていける関係ができています。だから、シーズン3はより一層楽しく、思い切り頑張っている姿をお見せできると思います。何より僕たち自身が一番楽しんでいると思うので、それが視聴者のみなさんに伝われば嬉しいです。

■梅原裕一郎:

A「色々なことに挑戦できる番組。このシーズン3でも何か新しいことに挑戦できるんじゃないかなと思っています」
『声優男子ですが…?』も始まってもう3年目。メンバーみんなも年をとり、もともとおじさんの人はさらにおじさんになって(笑)。シーズン3の体力を使う企画を収録した時、もうそろそろ限界では……?と思いました(笑)。でも、ぼくたちが頑張っている姿を見て、視聴者のみなさんに楽しんでもらえるならと、全力で取り組んでいます。シーズン3ではどんな企画があるのか、まだ何も知らされていませんが、どんな企画が来てもこの7人なら、きっと楽しいものができると思います。楽な気持ちで見ていただければ嬉しいです。

■河本啓佑:

A「“脳みそを活性化させられる場所”。スタートから3年経っていますが、その当時より脳細胞は若返っていると思います(笑)」
僕たちが手さぐりでやってきたことを、見たいと思ってくださる方がいてくれるからこそ、シーズン3まで続いたんだと、本当に嬉しく思います。シーズン3ともなると、メンバーたちは本当に遠慮がなくなりました(笑)。特に僕が仕切りをやらせてもらっているコーナーでは、本当に遠慮がない(笑)。もちろん、いい意味で、です。それだけ壁がなくなった、ということでもあるので、シーズン1の時とは全く違うものになっていると思います。視聴者の皆さんにはそこも楽しんでいただきたいです。僕自身も『声優男子ですが…?』特別編で福山潤さんと対談させていただいた際に、『周りを気にするな、嫌われる勇気を持て』という言葉をいただいたので、シーズン3の収録では、後悔はないくらい、自由にやらせていただいます(笑)。

■小林裕介:

スポンサーリンク

A「業界の大変さを思い知らされるところですね。でも、その大変なことを乗り越えた先に、自分の成長や仲間と分かち合える喜びがある、なくてはならない特別な場所だと思います」
今回のシーズン3では「弱点克服」、自分に足りないものを習得するチャレンジ型のコンセプトになりました。これはシーズン1のコンセプトに近いと思います。シーズン1のはじめの頃は、ちゃんとしなくちゃと緊張していたのが、慣れたあたりからワイワイし始めて、今となってはそれぞれの立ち位置みたいなものができ、やりたいようにやってます(笑)。そういうことができるのが『声優男子ですが…?』ならでは、だと思います。僕たちが楽しくやっているのを見て、きっと視聴者のみなさんも『楽しそうだな、また次回も見たいな』という気持ちになっていただけると思います。シーズン3も楽しんでいただければ嬉しいです。

■白井悠介:

A「メンバー同士年が離れていても、和気あいあいとできる。我が家のように自由に思いっきり楽しむことができる、ファミリー劇場にふさわしいファミリー感がこの番組にはあります」
まさかシーズン3まで続くとは思っていませんでした! みんなも忙しくなってきたので、なかなか難しいのかなと、不安に思っていたんです。でも、こうやって、またみんなと一緒に『声優男子ですが…?』をやれることになって、すごくうれしいです。シーズン3の収録が今まさに進行しているところですが、今まで以上にみんな団結して、楽しんでいる気がします。僕自身も楽しくて仕方がありません。シーズン3に留まらずシーズン4、5……と、ずっと続けていけたらいいなと思いながら、収録に臨んでおります。これからも応援よろしくお願いいたします。

■本城雄太郎:

A「大人に成長させてもらえる場所です。シーズン3になっても企画は相変わらずムチャぶりで、変な物を食べたり、恥ずかしくなるようなセリフを言ったり(笑)。そういうのをひとつひとつぶち破って、楽しく成長させていただいています」
みんな年上で、一回りくらい年が違うメンバーもいて。そんな仲間の背中を見ながら、収録を楽しみながら、いい影響を与えてもらっているなと思っています。シーズン1のはじめの頃は、メンバーを見て、ニコニコしているだけのことが多かったんですが、みんなが楽しんで、リラックスしながら番組を作っているからこそ、自分を出せるようになってきたんだと思います。
視聴者のみなさんにも同じようにリラックスして、楽しんで見てもらいたいです。

■山本和臣:

A「丸一日一緒にいることがあっても、ストレスが全くない。みんなが受け止めてくれる、すごく楽しい場所です」
この番組では、今まで経験してこなかったことにチャレンジさせてもらうことが多いんですが、なかなかうまくいかなかったり、やれなかったりすることもあって。でも、3年間一緒にやってきたメンバーは、受け入れてくれるんですね。みんな僕の親なのかなって思ってます(笑)。このメンバーとだからこそシーズン3でも、より一層頑張りたいし、メンバーに引っ張ってもらいながら、色々なチャレンジに力を発揮して、楽しんで収録しています。ぜひテレビの前の皆さんにも楽しんでいただけると嬉しいです。

★シーズン3の放送に合わせて、これまで放送したスペシャル版2作品もアンコール放送!
『「声優男子ですが・・・?」イベント 声優男子学園スペシャル参観日ですが・・・?』
番組レギュラー7人全員が集合! 番組の人気コーナー「声優男子学園」にちなみ、観客を保護者にみたて参観日イベントを開催! 番組から生まれたアニメ『ななにんのあやかし』のキャラクターが登場する、よみうりランドオリジナルストーリーの生朗読や舞台裏の様子など、彼らのライブ感あふれるイベントを再放送!
放送日:7月2日(日)24:20‐25:20

『「声優男子ですが・・・?」イベント 声優男子学園スペシャル参観日ですが・・・?』

『声優男子ですが・・・?「先輩と2人きりですが・・・?」スペシャル!前編/後編』
シーズン2で好評だった憧れの先輩声優さんたちとの対談企画を前・後編の2週に渡って放送! 普段なかなか聞けないお話をじっくり語り合う、先輩×後輩の貴重な2ショットは見逃せない! ナレーションはシーズン2で先輩と対談をした小林裕介&本城雄太郎が担当!
放送日:前編 7月9日(月)24:50‐25:50/後編 7月16日(日)24:50‐26:20
【前編】上村祐翔×豊永利行、河本啓佑×福山潤
【後編】梅原裕一郎×中村悠一、白井悠介×杉田智和、山本和臣×興津和幸

『声優男子ですが・・・?「先輩と2人きりですが・・・?」スペシャル!前編/後編』

『声優男子ですが・・・?』特設サイト http://www.fami-geki.com/seiyu-danshi/

未知たりてる?ファミリー劇場
私たちは、ふだんの毎日に未知の興奮を届けたい。我を忘れて熱狂したり、愛してやまないものを仲間と語る歓びを届けたい。AKB48、オカルト、声優、コスプレ、ドラマ、アニメ、特撮・・・さあ、心が乾いたら、スイッチオン。あなたを、未知の楽しさで満たすファミリー劇場です。全国のケーブルテレビ局、スカパー! (293ch)、スカパー!プレミアムサービス(660ch)、ブロードバンドTVでご覧いただけます。
現在約790万世帯で視聴可能です。

(C) 東北新社

PR

-ラジオ・動画・TV・映画
-