ダブリルムーンからCD『鍵のない秘密』シリーズ第3弾「-終わりなき声のエピソード-」が9月22日発売!

-『鍵のない秘密』シリーズ(全3巻)-
忘れていたのは、底に「希望」があることだった

スポンサーリンク

品名:『鍵のない秘密』3 -終わりなき声のエピソード-/テトラポット登
発売日:2017年9月22日(金)
価格:2,300円(税抜)
発売元:ダブリルムーン
品番:davm-023
JAN:4539690032504
関連サイト:http://www.odessa.co.jp/davrilmoon/
Twitterアカウント:@davrilmoon

【シリーズ前文】
ひと組の男女がいる。
二人が出逢いを運命と感じられるようになるまで、多くの時間は必要なかった。
ただ、男は立場に忠実であろうとするために躊躇い、女はそれを察して日常を装った。
二人は、ただ口を噤んでいた。
もし、この二人が互いの役割を担わず出会っていたなら、時を置かず運命に従うことができただろうか。

「秘密」
他人に知られないよう配慮することを秘密という。
だが、二人のそれは、互いの前に差し出され、いつでも覗き見ることができる特殊な秘密であった。

原作・シナリオ:大麦ひかる
キャラクターデザイン・イラスト:えまる・じょん
出演:テトラポット登(てとらぽっとのぼる)

全編ダミーヘッドマイク使用

tracklist
01.カムバック! 170922-0929
02.フィクサー 170930
03.ファイアー・レスキュー 171022
04.ビューティフル・ドリーマー 171029
05.ユー・アー・ネクスト 180314
06.シークレット・パラダイス 180319-0320
07.ビフォア・サンセット 180320(170818)
08.アメージング・グレイス 180320

「だから今は……、夢を見ていることにしよう」

【概要】
必要もなく頻繁に訪ねてくる苗子比類王。広告代理店の営業マンという人種は、そのようなものかと思っていた。
だが、墜落事故でプロジェクトが中断となってからは、そういうこともなくなり、苗子の変わり身に小さな軽蔑すら感じた。
その事故で将来を約束した人を失った貴女。悲嘆に暮れる間もなく戻ってくる日常。
ある日、事実を知らされ、貴女は自分の生まれた日を呪った。同時に、罪もなく苦しんでいるであろう苗子のことを思い、軽蔑は同情へと変わる。
しかし、同情の言葉は相手を傷つけてしまうという遠慮が禁忌を育み、二人の間に見えない壁を造ってしまった。
時が流れ記憶が薄らぐことがあっても、その壁は決してなくなることはないだろうと思われた。

スポンサーリンク

【キャラ設定】
苗子比類王(なえこひるの) CV:テトラポット登(てとらぽっとのぼる)
職業:大手広告代理店 企画営業部勤務
年齢:30歳
誕生日:5月26日
星座:ふたご座
血液型:O型
身長:178cm
体重:68kg
風貌:黒髪、短髪でスポーツマンタイプの営業マン。スーツ。

◆出張申請書
所属:PP局 企画営業部 氏名:苗子比類王
・申請日:2017.08.15
・出張内容
出張先:緑ヶ島
出張目的:オープニングセレモニーFS
出発日:2017.08.16  出発時刻:09:00
帰着日:2017.08.18  帰着時刻:18:30
・スケジュール予定
日程、訪問先、目的用件
8/16、Gリゾートコンソーシアム、リゾート施設レク
8/17、緑ヶ島村観光課、公有物使用に関する前交渉
8/18、Gリゾートコンソーシアム、担当部長と昼食
・仮払い:不要

全編ダミーヘッドマイク(※)で収録。耳からの濃密ボイスはヘッドフォン推奨です。静かな場所でおひとりでご堪能ください。

※〈ダミーヘッドマイク〉
人間の頭部型のダミーを作り、その鼓膜部分にマイクを埋め込んだ立体音響効果のある3Dの人型マイク。人間の鼓膜に届く音声の状態を立体的に再現し、あたかもその場に居合わせたかのような臨場感を与えます。リスナーが直接語りかけられているような感覚を味わうことができます。

(C) d’Avrilmoon

スポンサーリンク