参加型エンターテイメント演劇・ウィズステージ Vol.4 舞台『結ひの忍』キャラクタービジュアル公開!

演劇プロデュースなどを行うモノガタリは、ビジュアルワークスが運営する、カード式シナリオゲーム『結ひの忍』を原作とした舞台・ウィズステージ Vol.4『結ひの忍』のキャラクタービジュアルを公開致しました。

スポンサーリンク

和合真一(明太子役)

木村敦(しらす役)

柏木佑介(ツナマヨ役)

山沖勇輝(鮭役)

小谷嘉一(野沢菜役)

足立英昭(おかか役)

本作は、観客参加型エンターテイメント演劇・ウィズステージの第4弾として、11月23日~26日に六行会ホール(東京都品川区)にて全7公演を上演。
“アナタと共に翔ける舞台を――”をコンセプトに、“観客”が“登場人物の一員”という設定で、舞台オリジナルストーリーが展開。

キャストが観客に向けて語りかけたり、観客の投票で展開が変化したりと、実際にストーリーに参加しているように楽しめる、ゲームのようなエンターテイメント演劇で、アナタ(=観客)のセレクト次第で、毎公演、異なる展開になるかも!?
“おひつの里”を舞台にした、イケメン忍者や個性豊かなオリジナルキャラクターたちの活躍にご期待ください!!

なお、プレミアムS席については、全席完売。一般席の販売は10月6日(金)17時から開始致します。

オリジナルキャラクター(一部)

公演フライヤー

■公演概要
ウィズステージ Vol.4『結ひの忍』
原作の世界を舞台に展開する、おむすびの具材を擬人化した(!?)個性豊かな忍者たちとの、ここだけの物語――
観客のアナタの選択で、ストーリー展開が変化する、参加型エンターテイメント演劇“ウィズステージ”第4弾!!

◆公演期間:2017年11月23日(木・祝)~26日(日) 全7公演
◆劇場:六行会ホール(東京都品川区北品川 2-32-3)
◆演出:滝井サトル
◆脚本:雲井るみ
◆原作:ビジュアルワークス
◆主催・制作:モノガタリ

<<キャスト>>
和合真一・木村敦・柏木佑介・山沖勇輝・小谷嘉一・足立英昭
與座亘・嶋崎裕道・小林瑞紀・立原寛也・堀江慎也・中三川雄介・汐谷文康・新澤典将
村上渉・田邊俊喜・杉本勝久・木原健人・矢島八雲
會田海心・木下佳・千葉瑞己

<<公演スケジュール>>
11/23(木)19:00
11/24(金)14:00/19:00
11/25(土)13:00/18:00
11/26(日)12:00/16:00

<<チケット(全席指定・税込)>>
10月6日(金)~ 一般発売
●プレミアムS席 8,500円「前方席3列目まで+非売品直筆サイン入2Lブロマイド」 完売
●一般席 〈前売〉6,500円 〈当日〉7,000円

<<あらすじ>>
広大な領地と豊かな資源、そして春夏秋冬の四季を同時期に有する平和な国――稲穂ノ国。
その平和の影には、特殊な里で生まれ育った者達「結忍(ゆいにん)」の活躍があった。
しかし、国を治める殿・稲穂旭の死後、世継ぎである双子の息子たちの対立により、国が二分されてしまう……
それから時が経ち、二つの国の殿となった双子・稲穂光と稲穂錦の誕生日を祝う生誕祭が開催されることとなった。
七日間にわたる生誕祭の式典の数々に飽き始めた双子のもとに、先代・旭が遺した宝の噂が届く。
光と錦の命令により、噂にまつわる調査を進める結忍たちだったが、異国からやってきた謎のアイドルや怪しいプロデューサー、振付師が現れて、物語は思わぬ展開に!?
果たして、無事に生誕祭の最終日を迎えることが出来るのか?
イケメン忍者達が国を守るため、殿を守るため、そして、民を守るため、縦横無尽に駆け回る!!

【公式HP】http://with-stage.com/yuinoshinobi/
【Twitter】https://twitter.com/withstage

■『結ひの忍』について
「忍者×おむすび」をキーワードに、ビジュアルワークスが製作する、忍者たちの友愛を結ぶカード式シナリオゲーム。
2017年3月のリリース前には、10万人以上の事前登録を集め、リリース直後からカフェコラボなどの展開も行われている注目作。Ameba・mixiゲーム・GREEで配信されている。
各キャラクターには、人気声優の江口拓也・増田俊樹・佐藤拓也・野島健児・下野紘・岡本信彦・石川界人らを起用している。
《公式サイト》http://pro-page.jp/yuinoshinobi/

■ウィズステージについて
『アナタと共に翔ける舞台を――』をコンセプトに、お客様が参加できるエンターテイメント演劇を上演するブランドです。ゲーム・漫画・小説などを原作とした2.5次元系の作品から、オリジナル作品まで、様々な切り口の作品をお届けします。
お客様である”アナタ”が『登場人物の一員』という設定で、ストーリーが展開。キャストが客席に向けて語りかけたり、お客様の投票で展開が変化したりと、 実際にストーリーに参加しているように楽しめる、ゲームのようなエンターテイメント演劇です。

※2014年にスタートし、過去に『マフィアモーレ☆』『擬人カレシ』など乙女ゲームを原作とした舞台を上演してきた「オトメステージ」が、“参加型エンターテイメント演劇”という切り口をさらに進化させてお届けするべく、2017年7月に<ウィズステージ>として生まれ変わりました! 今後は、乙女ゲームはもちろん、漫画・ゲーム・小説などを原作とした舞台や、オリジナル作品を上演していきます。

スポンサーリンク

(C) Visualworks. (C) mono-gatari

スポンサーリンク