イベント

『舞台アルカナ・ファミリア2 -23枚目のタロッコ-』の衣裳付き通し稽古レポートが到着!

8/30(火)、『舞台アルカナ・ファミリア2 -23枚目のタロッコ-』の衣裳付き通し稽古が行われた。

IMG_4135

「アルカナ・ファミリア」は乙女ゲームとしては珍しい「少年マンガ」的コマ割りをゲーム画面に採用し、またアクション要素が多い作品で、幅広いファン層を持っている。1月の初演では、キャラクターの再現性はもとより、余すことなく原作の世界観を実体化し、原作・キャストファンから絶大の支持をされ、DVD化された今でも多くのファンの心を鷲掴みにしている。
9/7の公演を目前にした衣装付き通し稽古。本来は練りに練り上げた内容を、本番さながらのタイムスケジュールで衣裳とヘアメイクをして実際に演じてみる稽古だ。だが、多忙を極めるキャスト陣が揃った今回の通し稽古は、なんと稽古初日以来全キャストが初めて揃ったという。現場は独特の緊張感に溢れ、気心の知れた続投キャストとはいえ、開始直前まで動きのチェックに余念が無かった。
初演に引き続き今回も舞台オリジナルストーリー。キャラクターを掴んでいるキャストたちが演じる『アルカナ・ファミリア』は、笑えるシーン、かっこよくキめるシーン、そして悩み、戦い、そして涙をこぼしながらも仲間と共に前進していくというストーリーを歌と殺陣シーンで彩り、見事に演じきっていた。だが、誰もがまだ何か答えを見つけきれていないようで、稽古が終わった瞬間から演出・八十島美也子をはじめとするスタッフ陣と活発に意見を交わして、より深く追求している姿が印象的だった。
公演まで残り一週間。これまでの稽古で培ったものを繋げ、組み立て、また崩しては再構築していく集中力の増す期間。スタッフもキャストも全員で9/7の初日まで諦めずにピースを集め、初日からフルスロットルで2016年の『アルカナ・ファミリア』を表現しようとする熱気にあふれた稽古場だった。

実は、通し稽古前に今回加入の新キャスト・ダンテ役:吉田宗洋の断髪式が行われた。
始まりこと相撲界の断髪式のような神聖な雰囲気があったが、心から楽しそうにメンバー一人一人にハサミを通されて、まるで本物の家族のようにダンテという役をつくりあげた。舞台の外側のリアルと舞台上の虚構が繋がった瞬間でもあった。
舞台『アルカナ・ファミリア2』は、9/7よりシアターサンモールにて上演。

 
(C) HuneX (C) 2016舞台アルカナ・ファミリア2製作委員会

PR

-イベント
-