Girls-Style ガールズスタイル
Top インフォメーション ニュース 連載 イベント インタビュー
PR

PickUp

『ナナカミエール』

【Style of the PRINCE】

【リニューアルについて】
Girls-Styleは、2016年7月にリニューアルを行いました。いまご覧になっているサイトは、それ以前のサイトとなっております。また一部、公開終了したコンテンツもございますがご了承ください。

当サイトに掲載されている全ての記事、テキスト、及び画像等の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2006-2016 Girls-Style All rights reserved.

 今回の【Style of the PRINCE Special】は、2月27日にdramatic createから発売される大正剣劇浪漫AVG『大正メビウスライン PORTABLE』のディレクター・御雄 幸路さんと、シナリオライターの中条 ローザさんに独占インタビューを敢行!
 Vol.2の今回は、キャラクターメイキングと、主人公・柊 京一郎について詳しく語っていただきました!


シナリオは文庫本9冊分の大ボリューム!

――シナリオ作りで苦労されたところはどこでしたか?

御雄さん:やはり館林と……ミサキですかね? ミサキのプロットを考えるのは楽しかったですけど。
中条さん:楽しかったですね、ミサキは。ただ……シナリオ全体でいえば、PC版の段階で、とにかく書いても書いても終わらなかったのが印象的です(笑)。「いつ終わるんだろう?これ」と思いながら書いていました。前にも取材でお答えしたことがあるんですが、1キャラ分がだいたい、文庫本2冊分くらいのボリュームになりまして。共通ルートで1冊分と4キャラ分のルートがあったので、合計で文庫本9冊分くらいのシナリオが入っているんです。それにカラーの絵がついて音楽がついて声がついていて、わずか数千円で楽しめるんですから、ゲームはお得だと思いますね(笑)。
御雄さん:シナリオだけでも、かなりの情報量ですね、現代物のライトな内容とは違うので。今回の『大正メビウスライン PORTABLE』はPSPへの移植となりますが、文言を修正したといっても最小限の言い換えですし、内容的に原作と比べてボリュームが減ったわけではないです。むしろ、皆さんの想像力を掻き立てる表現になっていると思います。

――では、全体的なキャラクターメイクに関しては、どのように進められていきましたか?

御雄さん:私と中条さんの前作は『紅色天井艶妖綺譚』シリーズになります。そちらは“一徹”なキャラクターが多かったんです。そこで『大正メビウスライン』のほうは、まず主人公の京一郎を大正時代の特殊な能力を持つ学生にしようと決めたので、彼は“選択をしなければならない”立場になるんです。ある生き方に対して反発したり、共感したりではなく、いろんな状況の中に放り込まれるキャラクター。

――そのいろいろな状況から、主人公が生き方を選択していくような。

御雄さん:そうですね。なので、主人公はある程度ニュートラルでなければいけないだろうなと。「僕はこうだ!」と決めているのではなく、自分もどうしたらいいのか迷っている。自分はこう思うけれども、他人の主張を聞けば「確かにそういう面もあるな」と思うようなタイプにしようと決めました。就職活動中の大学生のような感じですね。

▲ “選択をしなければならない”立場の京一郎。ある程度ニュートラルな位置ならではの選択肢が多いようです。

――さらに、特殊な能力を持っていると。

御雄さん:はい。そこに日本神話的なファンタジー、オカルティックな要素が必要でしたので、お化けが見えてしまう男性で、戦闘もできるように。さらには、この作品の世界観として国のことを語らなければならないので、頭の悪い子ではいけない。そうなると、やはり大学生……帝国大学の学生がいいでしょうし、当時の帝国大学に通えるだけの人物というと、家も裕福でなければならない……という主人公を設定しました。特徴的なところがあるとすれば、特殊能力の部分ですね。幽霊が見えてしまうんですが、見たくないので前髪で左目を少し隠しているというデザインになっています。

――まずは、主人公の京一郎から作りだしていったと。

御雄さん:そうですね。そこから、前にお話ししたシナリオの進行を考えて、京一郎を中心にして敵対・対比関係にあるキャラクターを考えていきました。そこで今回の世界観を構成するために必要な人たちは何かというと……まずは軍人ですね。同じ軍人でも、軍事力を好意的に受け止めるタイプと、それに反対するタイプがいるなと。さらに日本神話をモチーフにしているので、オカルト側に立つ人がいて神様側に立つ人がいる……というように、京一郎を取り巻く4人のキャラクターを設定していきました。

主人公・京一郎は相手によって全てが変わるキャラクター

――では京一郎以外の4人は、どのように?

御雄さん:京一郎の設定が固まって、まず共通ルートのプロットを書き始めるわけですが、その段階ではまだ、ほかのキャラクターがしっかり固まっているわけではないんですよ。キャラクターは立場によって、考え方も喋る内容も変化していくので、最初に共通ルートはA~Cまでのパートに分けて構成するとお話ししましたが……共通Aあたりの段階では、まだ漠然としています。プロットを書きながら固めていく感じですね。実際にプロットを書いていくうちにキャラが自分で動き出すので、喋る内容も物語の流れに沿うと、自然に変わっていくんですね。そうなった段階で、「こういうことを喋っているから、じゃあ、この人はもっとこっち寄りのスタンスにしようかな?」と微調整していきますね。

――ではプロットと設定を受け取られる中条さんのお立場からは、京一郎というキャラクターを最初はどう思われましたか?

中条さん:「キャラ弱っ!」と思いました(笑)。前作の『紅色天井艶妖綺譚』は主人公ゲーでしたので、私にはどんな台詞をどんな口調で喋るかが寝ていてもわかるし、どんどん出てくる。でも京一郎は、確固とした自分を持たない人物ですから、相手のキャラクターによってそれぞれ違うんです。

▲ キャラが弱いと思われがちな京一郎。相手のキャラクターによってそれぞれ性格が違うとのことですが……!?

中条さん:育ちもいい、考え方も超まっとうな宇宙人みたいな子。「やれやれ、どうしたらいいのかな?」と思っていたんですが、御雄さんからやってくるプロットでお話の全体像が見えてきたら、この物語は京一郎が攻略相手によって変わらないと成立しない。京一郎が変わることで、運命も変わる物語なことが理解できたんです。それに気がついてから、考えるのがラクになりました。
御雄さん:そうなんです。
中条さん:キャラブレしていいのか? と思っていましたが、これはそういう前提なんだと。




アクセスランキング

ANIME
【アニメ放送開始】
薄桜鬼~御伽草紙~
【アニメ放送予定】
刀剣乱舞-花丸-
刀剣乱舞(仮題)
スカーレッドライダーゼクス
OZMAFIA!!
【発売中のアニメ化タイトル】
十三支演義 ~偃月三国伝~
【2016年放送】
ノルン+ノネット ラスト イーラ
プリンス・オブ・ストライド
【2015年放送】
DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD
うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ
SHOW BY ROCK!!
デュラララ!!×2 転
明治東亰恋伽
【2014年放送】
デュラララ!!×2 承
Bonjour♪恋味パティスリー
幕末Rock
神々の悪戯
金色のコルダ3
【2013年以前放送】
DIABOLIK LOVERS
BROTHERS CONFLICT Passion Pink
BROTHERS CONFLICT Brilliant Blue
うたの☆プリンスさまっ♪
魔界王子 devils and realist 代理王の秘宝
AMNESIA World
緋色の欠片
薄桜鬼 黎明録 名残り草
華ヤカ哉、我ガ一族
アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia-

声優ファンのための声優情報サイト Voice-Style