10月20日12時~18時の間、メンテナンスのため表示が乱れたり閲覧できなくなります。ご了承ください。

オトメイトレコード『おとどけカレシ Vol.5』『和奇伝愛 永恋詩 ~四ノ巻 桐生・寿~』『俺様レジデンス ―西園寺三兄弟― Vol.2』11月29日発売! キャストインタビュー到着!

「オトメイトレコード」最新作が11/29(水)に3作同時発売!
キャストインタビューが到着しました!


タイトル:おとどけカレシ Vol.5
キャスト:陽向 遥(CV:蒼井翔太)
品番:XFCD-0021
価格:2,200円+税
発売日:2017年11月29日(水)
発売元:ティームエンタテインメント

【あらすじ】
アナタが仕事を終え、自宅へ帰宅した途端、携帯に着信が入った。
画面には見覚えのない番号が表示されている。
戸惑いながらも電話を取ると、そこからは陽気な声が。
「もしもし、俺! もうお家帰ってきた? コンビニ寄ってから向かうね!」
戸惑うアナタをよそに通話は途切れ、数分後自宅を訪ねてきたのは、可愛らしい顔立ちをした少年だった。
「ただいま! デザート買ってきたから一緒に食べよ?」
躊躇いもなく家に入ってこようとするカレを押し止めると、陽向 遥と名乗る少年は、「どうしたの? 今日から君と俺は、一週間恋人でしょ?」と口にする。
正体を問うと、カレはBLOSSOM社から派遣された『おとどけカレシ』だというのだ。
BLOSSOM社は、女性を顧客に恋人派遣サービスを行う今話題の企業らしい。
そんなものを予約した覚えがないアナタだが、やがて、アナタの些細なミスにより、おとどけカレシを予約してしまっていた事が判明。
予約をキャンセルするには、高額な違約金が発生すると言われてしまい、仕方なくアナタは遥と『一週間限定』の恋人関係を始めるが……。

【トラックリスト】
01 - First day
02 - Second day
03 - Third day
04 - Fourth day
05 - Fifth day
06 - Sixth day
07 - Seventh day
08 - True lovers day
09 - Stole my heart(short ver.)/歌:織田かおり

おとどけカレシ Vol.5 陽向 遥役 蒼井翔太さんインタビュー

Q1:収録を終えてのご感想をお願いいたします。
はじめに台本を読ませていただいた時に、すごく面白いストーリーだなと思いました。現代はアニメや漫画の文化が成長している世の中なので、設定面を見ても僕達に近いものを感じましたし、僕自身、ゲームやアニメが好きなので、とても身近に感じられるお話でした。元気な部分と根暗な部分を演じ分けるのも、すごく楽しかったですね。少し早口で喋るキャラクターという設定でしたので、早口が苦手な僕は、一生懸命戦いつつも楽しみながら収録させていただきました(笑)。

Q2:演じられたキャラクターの「魅力」についてお聞かせください。
まずイラストを拝見させていただいたときに、笑顔がとても天真爛漫だなと感じました! おとどけカレシの時は、子供が純粋に楽しんでいるような無邪気さがあるなと思いましたし、本性に関しては影の部分だけではなく、台本にもちょくちょく出てきた狼な一面もあり(笑)、いろいろな表情を持っているキャラクターなので、そこがすごく印象的だと感じました。

Q3:自分が「BLOSSOM(恋人レンタルサービス会社)」のオーナーだとしたら、是非この人に働いてほしい! と思う人は、身近にいらっしゃいますか?
西山宏太朗くんとか働かせてみたいですね! 女の子と話が合いそうですし、優しいけど天然で抜けたところがおそらく彼にあるので、そういったところも好きになってもらえそうだなって思います。

Q4:ファンの方へ、メッセージをお願いいたします。
遥くんのイラストを見ていただけたらわかると思いますが、笑顔が素敵な明るい子です。が、設定の通り根暗でオタクな一面も持っています。そのふたつの顔にどんな違いがあるのか、ぜひ聴いて楽しんでいただると嬉しいです。そして彼のプロデュースした7日間を体験し、ドキドキしていただければと思います! どうぞよろしくお願いいたします。


タイトル:和奇伝愛 永恋詩 ~四ノ巻 桐生・寿~
キャスト:桐生(CV:立花慎之介)、寿(CV:前野智昭)
品番:XFCD-0026
価格:2,500円+税
発売日:2017年11月29日(水)
発売元:ティームエンタテインメント

【あらすじ】
『術師』の存在を忌み嫌い、殲滅させようとする幕府。
そんな幕府には『影の役人』と呼ばれる男たちが居た。
人斬りの天才と呼ばれる桐生、そして彼と共に術師の討伐を行う寿。
二人は上司と部下の関係だが、幼馴染でもある。

冷静沈着で、己にも他人にも厳しい桐生は、いい加減で口が上手く、締まりの無い寿に手を焼いていた。

そんなある日、二人は街を偵察している途中で一人の少女に出会う。
少女が術師達が住む里『古薫(こくん)』で暮らしていると知るや否や、二人は少女を、悪行を働く術師の一味と判断し、問答無用で幕府へと連行するが――。

【トラックリスト】
トラック1:序章
トラック2:壱章 ― 桐生と寿
トラック3:弐章 ― 純心の愛
トラック4:参章 ― 遊戯の愛
トラック5:四章 ― 人と心
トラック6:伍章 ― 宝物
トラック7:六章 ― 愛する少女
トラック8:主題歌「永恋詩(short ver.)」/歌:吉岡亜衣加

『和奇伝愛 永恋詩』桐生役:立花慎之介さんインタビュー

Q1:収録を終えてのご感想をお願いいたします。
桐生は、前回のドラマCD(巫ノ物語 後編)から登場させていただいたのですが、その時は、腕っ節に物を言わせるクールな仕事人というイメージでした。今回の物語は桐生・寿編ということで、二人の関係性や、桐生の過去、彼の意外な一面が描かれており、家で台本を読んだ時に「あれ? こいつこんなお茶目な部分があったんだ!」と思いました(笑)。

Q2:本作は、和奇伝愛の続編シリーズとなります。演じられたキャラクターの魅力(もしくは今回初めて発見した一面など)はありましたか?
女性に対してとてもウブだったり、今までの桐生とは違う一面ばかりだったので、キャラクターとして深みが出たように感じますし、彼に対して人間的に面白いと思わさせてくれる回だったと思います。

Q3:もしも登場したキャラクター(2人)が、現実に居たとしたらご自身と、どんな関係になりそうでしょうか?
寿とは表面上では仲良くなれそうですが腹の底がわからない人なので、クラスメイトや同僚では居られると思います。それ以上の関係となると難しいかな(笑)。
桐生は逆に、最初がすごくとっつきにくいと思います。喋っていくと、芯のあるまっすぐな人という部分が見えてくるので、信頼出来る相手になれるんじゃないかなと。心を開いて親友になれるのは桐生だと思いますね。

Q4:ファンの方へメッセージをお願いいたします。
桐生・寿編ということで、皆さんが今まで知りえなかった桐生の過去、寿との関係性、桐生の意外な一面が垣間見れますので、良い意味で桐生のイメージが変わる物語になっていると思います。本当に楽しんで頂ける物語になっていると思いますので、ぜひ、そのお耳で、一度直接お聴きいただけたらうれしいです。よろしくお願いします。

『和奇伝愛 永恋詩』寿役:前野智昭さんインタビュー

Q1:収録を終えてのご感想をお願いいたします。
前回までは、顔見せ程度だった彼らの関係だったり、バックボーンだったりが垣間見れる物語だったので、キャラクターが大きく成長したなという印象です。寿にとって、桐生はかけがえのない存在だったんだなというのがわかりましたし、心がとても温まるお話でした。

Q2:本作は、和奇伝愛の続編シリーズとなります。演じられたキャラクターの魅力(もしくは今回初めて発見した一面など)はありましたか?
桐生への思いもそうですけど、飄々としている裏で、思慮深い考えを持って行動しているんだなという部分が、かっこいいなと思いました。決してそれを人には見せないけど、確固たる信念が裏にはあって。能ある鷹は爪を隠すというタイプの人間ですね。

Q3:もしも登場したキャラクター(2人)が、現実に居たとしたらご自身と、どんな関係になりそうでしょうか?
桐生とはビジネスの関係になると思います(笑)。僕もどちらかというと桐生と似ていて、自分から率先して相手のテリトリーに踏み込むタイプではないので、そういう牽制の仕合になると思います。
寿のように自分から踏み込んできてくれて、自分も心を開いてもいいと思える相手だったら仲良くなれるので、もしかしたら寿とは仲良くなれるチャンスがあるかもしれません(笑)。

Q4:ファンの方へメッセージをお願いいたします。
今までは顔見せ程度だった彼らについて、こういう人たちなんだ、こういう素敵な関係性なんだ、と皆様に初めて知って頂けるお話だと思います。我々は古薫の皆さんとは敵側の立ち位置ではあるのですが、その敵側にも様々なバックボーンがあって、こういうキャラクターも居るんだという事を、今回の物語で知って、楽しんでいただけたらうれしいです。是非ご購入いただき、お聴きいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。


タイトル:俺様レジデンス ―西園寺三兄弟― Vol.2 西園寺 藍
キャスト:西園寺 藍(CV:八代 拓)
品番:XFCD-0030
価格:2,200円+税
発売日:2017年11月29日(水)
発売元:ティームエンタテインメント

【あらすじ】
――平凡な日々を過ごしていたアナタが、とある理由により、
豪邸『西園寺家』の家政婦として働きはじめてから三ヶ月が経った。
『住み込み&高額報酬』というおいしすぎる条件だが、
待ち受けていたのは、世間知らずで超俺様なワガママ三兄弟に振り回される日々。
次男・藍(らん)は、人当たりが良く、常に周囲に大勢の人間が居るような人気者。
アナタに対しても、他の兄弟達とはちがって、優しい態度で接してくれる。
しかし、彼の本性は冷酷で腹黒。
表と裏の顔をうまく使い分け、生活しているのであった。
ただ、藍がこんな性格になってしまったのにはとある理由があった。
彼の隠された一面に触れることにより、アナタと藍の関係に変化が起きて――?

【トラックリスト】
01 - 皆の大好きな西園寺藍
02 - 都合の良い人間
03 - 本当に好きな物
04 - いい子の自分
05 - 訪れる変化
06 - 壊された居場所
07 - 君となら大丈夫
08 - 錯乱テリトリー(short ver.)/歌:西園寺 藤(CV:武内駿輔)、西園寺 藍(CV:八代拓)、西園寺 玄(CV:斉藤壮馬)

『俺様レジデンス』西園寺 藍役/八代 拓さんインタビュー

Q1:ご収録を終えてのご感想をお願いいたします。
三兄弟のドラマCDで撮った時から薄々思っていた、藍くんの様々な問題がこの物語で解決されたので、そういった意味ではすごく晴れやかな気分です。

Q2:今回はシチュエーションCDとして、ヒロインとの1対1の物語が描かれました。最初台本をお読みになり、どう感じられましたか?
藍くんの内面や自嘲が台本の中に台詞として書かれており、実際に読んでいる途中、辛くなりましたね。他人事には思えなかったというか。だからこそ、最後に解決を迎えられて、本当に良かったなと感じています。

Q3:第1弾のドラマCDと比べ新しく発見したキャラクターの一面などはありましたか?
今回の物語の中で、「藍ってこんな面があったんだ」と感じた部分が、実はそんなに無いんです。1枚目のドラマCDを撮った時から、こういう面があるんじゃないかな……と自分の中で想像していたので。
どちらかといえば、やっぱりそうだったんだという再認識の方が大きいかもしれません。

Q4:キャラクターを演じる中で、意識された部分などはございますか?
特に意識した所は、藍くんが自分の好きな物に対して素直に楽しんでいるシーンや、終盤で主人公になら心の内を見せてもいいんだと感じて変化していくシーンです。誰に対しても変わらない態度で接する藍だからこそ、いろんな表情を見せることができたらいいなと思い演じました。

Q5:ファンの方へ聞き所やメッセージをお願い致します。
西園寺三兄弟の魅力は、面白いことに三人の経歴やスペックやステータスといったところではなく、人としての弱点にあると思うんです。例えば藍だったら、性悪といわれているけれど、実はそれが悪い面ではなく人間味の溢れる部分だったりして……。そういった部分から生まれる弱さや優しさが、作品の中でとても繊細に描かれているので、そこを非常に楽しんでいただけるCDになっていると思います。僕自身もすごく共感した作品ですので、是非聴いていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

■オトメイトレコード 公式サイト http://www.otomate-records.jp/
■オトメイトレコード公式ツイッター https://twitter.com/otomate_records

【キャスト直筆サイン色紙プレゼントキャンペーンのお知らせ】
各CDをお買い上げの方を対象に、抽選で出演キャストの直筆サイン色紙をプレゼント致します!
CDにアンケートはがきが封入されておりますので、アンケートにご回答の上、帯にある応募券を貼ってご応募ください。
尚、プレゼント応募の締め切りは2018年2月末日までとさせていただきます。(当日消印有効)
(商品の発送は、2018年3月下旬を予定しています。当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。)

(C) IDEA FACTORY/axcell