豊島区×アニメイト 池袋PRアニメの共同制作を決定! 本日12月11日よりpixivにてキャラクター原案公募開始!

スポンサーリンク

豊島区とアニメ・コミック・ゲームのトータルショップ「アニメイト」を運営するアニメイトは、「アニメの聖地・池袋」を世界に発信することを目的として、池袋のPRアニメを共同制作することを決定いたしました。

スポンサーリンク

12月8日に、豊島区とアニメイトホールディングスは、「池袋PRアニメ」共同制作に関する合意書を締結いたしました。池袋PRアニメは、世界中の女性アニメファンをターゲットに「アニメの聖地・池袋」を発信し、2020年に向けたインバウンドプロモーションの強化、豊島区国際アート・カルチャー都市構想、池袋のブランド力向上の推進を目的に制作されます。

合意書を締結した高野之夫豊島区長とアニメイトホールディングス代表取締役社長の阪下實

制作にあたり、PRアニメに登場するメインキャラクターデザイン原案は、イラスト・漫画・小説コミュニティサイト「pixiv(ピクシブ)」にて一般公募することで、世界中のアニメファンが集う池袋の「新たな魅力」と、世界に羽ばたくアニメーターを目指す「新たな才能」の発掘をめざします。最優秀賞に選ばれたキャラクターデザイン原案を元に、プロのキャラクターデザイナーがアニメーションに登場するキャラクターを描き起こします。

メインキャラクター原案として公募されるのは、池袋とゆかりの深い「ふくろう」の擬人化。豊島区が、まるでふくろうが羽を広げたような形をしていることから、特にその中心に位置する池袋には、池袋駅東口の待ち合わせスポット「いけふくろう」や駅前の「ふくろう交番」など、ふくろうを模したオブジェが街のあちこちに点在しています。また、「いけぶくろ」と「ふくろう」の語呂の良さから、池袋とふくろうは古くからゆかりが深く、街のシンボル的な存在になっています。

合意書締結後の記者会見にて豊島区の高野之夫区長は、「本区は、国際アート・カルチャー都市実現戦略の大きな柱として、マンガ・アニメの活用を掲げている」とし、「池袋を世界中のアニメファンが一度は訪れたいと思う『聖地』にしていきたい」と池袋PRアニメ制作に向けての強い想いを語りました。株式会社アニメイトホールディングスの代表取締役阪下も、「マンガ、アニメ、ゲームは日本の素晴らしい資源。今回、世界にPRできるだけでなく、この企画を通じて新たなクリエイターが誕生するということにも喜びを感じる」と制作への意気込みを語りました。

スポンサーリンク

池袋PRアニメの公開は、2019年を予定しています。気になるアニメーションの制作会社、脚本家、声優などの情報も今後、随時発表されますので、どうぞご期待ください。

「ふくろう」擬人化キャラクターデザインコンテスト

■「池袋PRアニメ」制作スケジュール
2017年12月8日  豊島区×アニメイト「池袋PRアニメ」共同制作に関する合意書を締結
12月11日  「pixiv」にてメインキャラクター原案の公募開始(2018年1月9日まで)
2018年3月  メインキャラクター原案最優秀賞・アニメーション制作会社等の発表
2019年  完成披露試写会

■池袋アニメ 「ふくろう」擬人化キャラクターデザインコンテスト
・開催期間: 2017年12月11日から2018年1月9日23:59まで

・テーマ: 「ふくろう」を擬人化したキャラクターデザイン原案を募集!
池袋とゆかりの深い“ふくろう”を擬人化したキャラクターを想像してお描きください。
性別:男性 年齢:10代後半~20代

・受賞賞品: 最優秀賞(1名) 賞金:20万円
※キャラクターデザイン原案を元に、プロのキャラクターデザイナーがアニメーションに登場するキャラクターを描き起こします。

優秀賞(2名)  賞金:5万円

・受賞作品発表: 2018年3月を予定

※参加資格や応募方法などの詳細につきましては、公募サイトの応募要項を必ずご確認ください。

・pixiv公式サイト: https://www.pixiv.net/

■関連サイト
豊島区ホームページ: http://www.city.toshima.lg.jp/
アニメイト公式ホームページ: https://www.animate.co.jp/

(C) カズアキ