『文豪とアルケミスト』のピアノアレンジCDが本日12月20日発売!

スポンサーリンク

ノイジークロークは、大人気ブラウザゲーム『文豪とアルケミスト』の楽曲をピアノアレンジしたアルバムCDを、本日12月20日(水)に発売したと発表しました。

■□■『文豪とアルケミスト』とは■□■
『文豪とアルケミスト』は、DMM GAMESが提供する大人気ブラウザゲーム。プレイヤーは特務司書となり、“文学の持つ力”を知る文豪を転生させて「本の中の世界を破壊する侵蝕者」から文学書を守るために追伐することを目的とするゲーム。文豪同士の関係性を重視した会話シーンを豪華声優陣によって現代に甦らせたことで、女性ファンを中心に絶大な人気を誇っています。

リリース当初からノイジークロークの坂本英城氏が手がけたBGMにも高い評価が寄せられ、人気に後押しされて2017年5月30日に発売されたオリジナルサウンドトラック「文豪とアルケミスト 劇伴音樂集」は発売直後にオリコンのデイリーチャートで8位、ウィークリーチャートで16位にランクイン。今なおゲーム音楽のサウンドトラックとしては異例の売り上げを記録し続けており、今もっとも注目されるゲーム音楽のひとつとなっています。

■□■世界的に活躍するピアニストが参加したピアノアレンジCD!■□■
本アルバムは世界的に活躍するピアニスト宮本貴奈氏、谷岡久美氏、ベンヤミン・ヌス氏が「文豪とアルケミスト 劇伴音樂集」に収録されたすべての楽曲のアレンジと演奏をし、それをレコーディングしたものです。
原曲とゲームの世界観を尊重しながら、新たな展開やピアノ独奏ならではの技巧的なアプローチも散りばめたアレンジとなっており、1曲1曲の存在感が際立った仕上がりとなっています。
ゲームファンはもちろんのこと、ピアノサウンドやクラシック音楽が好きな方々にもご満足いただける1枚です。

■□■「文豪とアルケミスト ピアノ独奏音樂集」概要■□■
・パッケージタイトル:文豪とアルケミスト ピアノ独奏音樂集
・レーベル名:noisycroak RECORDS
・発売元:ノイジークローク
・価格:税込2,500円(税抜き2,315円)

・収録曲: ※全曲ピアノアレンジ/新規収録
01 憩 (編曲:谷岡久美)
02 焦眉ニ抗フ文士タレ (編曲:谷岡久美)
03 和 (編曲:谷岡久美)
04 蝕ミニ抗フ文士タレ (編曲:谷岡久美)
05 結果報告 ~敗北・勝利~ (編曲:ベンヤミン・ヌス)
06 館長ノ御題曲 (編曲:ベンヤミン・ヌス)
07 廻覽 (編曲:ベンヤミン・ヌス)
08 未知ノ路往く文士タレ (編曲:ベンヤミン・ヌス)
09 破綻スル齒車 (編曲:ベンヤミン・ヌス)
10 いざ征きめやも (編曲:宮本貴奈)
11 折衷食堂 (編曲:宮本貴奈)
12 開進止メヌ文士タレ (編曲:宮本貴奈)
13 文豪とアルケミスト (編曲:宮本貴奈)

■□■アレンジャー/ピアニスト紹介■□■

宮本貴奈

日英バイリンガルなピアニスト・作曲家。
茨城県結城市出身。米英に20年在住、約30カ国で演奏活動。高卒後アメリカ・ボストンのバークリー音楽大学へ留学、映画音楽&ジャズ作曲学科卒、全米エドマンジャズピアノ大会優勝。
1988年NYへ拠点を移し、ニーナ・フリーロン(Vo.)のワールドツアーに参加、参加アルバムが2001年米グラミー賞に2部門でノミネート。アトランタに移りジョージア州立大ジャズ教育学部修士課程卒、「アトランタベストジャズアクト(2年連続)」「ジョージア州で最も影響力のある女性」他受賞。グラミー受賞サックス奏者カーク・ウェイラムとの共作「Promises Made」は全米ビルボードジャズチャート5位。
2013年「オン・マイ・ウェイ」で日本デビュー。物語が見えるようなピアノとアレンジ、共演者を輝かせるサウンド作りで、ソロ活動の他、TOKU、伊藤君子等、アレンジ&プロデュース作品多数。中西圭三、狩野泰一との【WA-OTO】、小沼ようすけとの【Wレインボー】、【G.G.】他コラボも展開。佐藤竹善、絢香、May J、八神純子、サラ・オレイン、タケカワユキヒデ、ケイコ・リー、日野皓正、溝口肇、SUGIZO、由紀さおり、加山雄三等とのジャンルを超えた共演やレコーディング、オーケストラアレンジも手がける。
映画「惑う~After the Rain」「十字架」「ふるさとがえり」「種まく旅人」、NHK「日本の話芸」他音楽担当。
国立音大ジャズ専修講師、結城紬大使。

谷岡久美

大学を卒業後、株式会社スクウェア(現スクウェア・エニックス)に入社、以来「ファイナルファンタジー11」や「ファイナルファンタジー・クリスタル・クロニクル」シリーズ等数々の作品の音楽制作を担当。
同社を退社後、2010年からはフリーランスとして活動をスタート。ゲーム音楽制作にも意欲的に取り組みながら、知育アプリのBGMや舞台音楽、アーティストへの楽曲提供など、幅広い分野で活動している。
近年はピアノ演奏にも力を入れ、アーティストとのライブ活動やピアノアレンジ等も精力的に行っている。
2015年にはオリジナルピアノアルバム「Sky’s The Limit」を初リリース。
今年は作家活動20周年となることを記念して、11月20日にオリジナルアルバム「あの日の空と君のうた」をリリース。
また、12月10日にはアコーディオンとピアノのユニットで活動する「Riquisimo」として、初のオリジナルアルバム「Charla」をリリース。

ベンヤミン・ヌス

1989年ドイツ、ベルギッシュ・グランドバッハ生まれ。国際的ジャズ・トロンボーン奏者の父・ルートヴィヒ・ヌスの影響を受け、6歳よりピアノを、10歳から作曲を学び始める。
そのエレガントかつ豊かな表現力に富んだ演奏は数多くのコンクールでも支持を集め、若い音楽家のためのスタインウェイ国際コンクール優勝(2005)、アマデオ賞国際ピアノコンクール(2006)では財団から奨学生として選ばれるなど、早々に才能を認められた。その後、2008年よりケルン音楽大学アーヘン校でイリヤ・シェプス教授のもとで研鑽を積む。
クラシック音楽のほか、特にゲーム音楽の分野においても活動の場を広げ、2010年に名門レーベル、ドイツ・グラモフォンから、デビュー・アルバム《BENYAMIN NUSS PALYS UEMATSU》をリリース。これはRPGゲーム《ファイナルファンタジー》シリーズで音楽を手がけた植松伸夫氏の作品を集めたアルバムで、世界中から熱狂的な支持を集め、東京、シカゴ、ケルン、ストックホルムなど世界各地でソリストとしてオーケストラと共演するに至った。
2012年にはドビュッシー、バラキレフ、ヴィラ・ロボスなどの作品を収録したセカンド・アルバム《EXOTICA》を再びドイツ・グラモフォンからリリースし、東京とシンガポールでコンサートを開催、大成功を収めた。
ジャズの分野においても、ヌス自身が率いるカルテットや父・ルートヴィヒとジョン・ゴールッズビーとのトリオでも活動を展開。また、演奏家としてのみならず作曲家としても優れた才能を誇り、《EXOTICA》では自作を収録するなど、多岐にわたるその活躍ぶりは各方面から注目を集めている。

■□■関連サイト■□■
▼「文豪とアルケミスト ピアノ独奏音樂集」特設サイトはこちら
http://www.noisycroakrecords.com/special/bungo_piano/

▼『文豪とアルケミスト』の公式サイトはこちら
http://bungo.dmmgames.com/

▼『文豪とアルケミスト』の公式Twitterアカウントはこちら https://twitter.com/BunAl_PR

▼ノイジークロークのホームページはこちら
http://www.noisycroak.co.jp/

▼noisycroak RECORDS のホームページはこちら
http://www.noisycroakrecords.com/

▼ノイジークロークTwitter公式アカウント(最新情報の発信)はこちら https://twitter.com/noisycroak

(C) DMM GAMES