止まらない!進めない?暴走しちゃう!? 『君恋シグナル』第1弾『ドラマCD 君恋シグナル』本日1月24日発売! キャストインタビューも到着!

スポンサーリンク

幼馴染男子高校生3人組の青春真っ盛りな恋を描くキャラクターCD「君恋シグナル(きみこいしぐなる)」がオトメイトレコードから1月24日(水)より4ヶ月連続リリース第一弾がいよいよリリース!

スポンサーリンク

本作は、とある高校を舞台に「アナタ」への恋心に悩み葛藤する男の子たちの会話をこっそり覗いたり、そんな彼らに愛されたり、トキメキ満載の恋をお届けするキャラクターCDです。
キャストは“恋愛に夢見る器用貧乏男子”「赤羽淳太(あかばねじゅんた)」に古川 慎、“恋愛自信家イージーモード男子”「青山和恭(あおやまかずゆき)」に佐藤拓也、“恋愛嫌いな猫かぶり腹黒男子”「黄瀬榛名(きせはるな)」に中澤まさともと豪華声優陣を起用。
ドラマCDでは、キャスト3名が総出演。恋ってなに? 「アナタ」を好きになったきっかけは? 告白ってどうする……? 3人の恋を応援したくなるような胸キュン要素を詰め込んだ、男子高校生たちの微笑ましい恋愛観を覗ける物語をお届け。その後、3ヶ月連続で発売するキャラクターCDは、それぞれのキャラクターが「アナタ」への恋心を成就させる為に奮闘する甘酸っぱいラブストーリーを展開します。またキャラクターたちは信号の色をテーマにその性質と近しい性格をしているため、恋をすることで成長し、弱点を克服していく過程も楽しむことが出来ます。

シナリオはオトメイトレコード「恋色始標」シリーズをはじめ「AMNESIA」等ノベライズ作品やゲームシナリオを担当する狐塚冬里、イラストは美麗な彩色やセンスの光るイラストでゲームのキャラクターデザイン等で活躍中の秋鹿ユギリ(あいかゆぎり)。PVではスタイリッシュなアニメーションで人気の山下RIRIが鮮やかに世界観を表現します。
作品を彩る主題歌は“SHOJI”が歌う「初恋シグナル」(各CDにはShort verを収録)。作詞は数々のオトメイト作品の主題歌を歌唱してきた“織田かおり”が担当します。

3人でいれば楽しかった、そんな日常が『君』への『恋』で色付いていく。
はたして青春真っ盛りな信号(シグナル)の行方は――……。

【STAFF】
キャラクターデザイン:秋鹿ユギリ
シナリオ:狐塚冬里
PV:山下RIRI
主題歌:「初恋シグナル」 歌:SHOJI

【第1弾】ドラマCD 君恋シグナル
タイトル:ドラマCD 君恋シグナル
キャスト:赤羽淳太(CV.古川 慎)
青山和恭(CV.佐藤拓也)
黄瀬榛名(CV.中澤まさとも)
品番:XFCD-0044
POS:4560372447774
価格:2,700円+税
発売日:2018年1月24日(水)
発売元:ティームエンタテインメント

【あらすじ】
「好きな子ができた、かもしんない」

ジュンタ、カズ、ハルはいつも一緒な幼馴染3人組。
高校2年生の冬、明るく楽しく騒がしい毎日を過ごしていた彼らにそれぞれ『好きな人』が出来ました。

イナズマ走ってないけど、これって恋なの!?
こんなに苦しい恋なんて、知りたくなかった!
俺のこと、どうしたら男として見てもらえるんだろう?

男の子ならではの妄想や理想を語り合いながら、恋に友情に全力投球の彼ら。

──彼らが本当の恋を知るまで、あと少し。

【トラックリスト】
Road 1:はじまりの予感
Road 2:恋は落ちるもの?
Road 3:終わった恋
Road 4:別れの兆し
Road 5:持つべきものは
Road 6:自分たちにエールを
Road 7:初恋シグナル(short ver.)/歌:SHOJI

<キャストインタビュー>
赤羽淳太役:古川慎さん

Q1. 収録を終えてのご感想をお願いいたします。
楽しかったです! 昨今なかなかさせて頂けないくらい自分の中の枷を外しつつ、元気いっぱいな高校生を演じさせて頂きました。今回はドラマCDなので対皆様(ヒロイン)ではなく、3人ならではの会話が楽しめるお話になっておりまして、僕自身も収録を通して三者三様の掛け合いを楽しませて頂きました。今回だけではなく、また3人でのお話が出来たら嬉しいなと思います。

Q2. 演じられたキャラクターはどんな人物ですか? 印象、魅力についてお聞かせください。
赤羽淳太くんはすごく純粋で真っ直ぐな子ですよね。真面目なところもありつつ、基本的にみんなのまとめ役でもあるんだけど、その中でちょっと天然だったり……。3人の中で1番等身大の高校生に近いキャラクターなのかなと思いました。僕の思考回路もジュンタくんに一番近い気がしていて、好きな子にどういう風に接したらいいか分からず悩んでいる部分だったり、自分は真面目にやりたいんだけど、毎回貧乏くじを引かされるところは特に似てますね……(笑)。僕もジュンタくんを応援したくなりましたし、聴いている方にも「頑張れ、ジュンタくん!」と思って頂けるような子なんじゃないかなと。そういった部分も彼の魅力の1つなのかなと思います。3人の中でも優しさが物凄く伝わりやすい子なので、次のキャラクターCDでの展開も楽しみですね。

Q3. 本作は「恋心に悩み葛藤する男の子たち」を描いておりますが、最近「葛藤した出来事」が御座いましたらお聞かせください。
普段から優柔不断なのもあって色々なことで葛藤するのですが、特に最近葛藤したことはアプリの「ガチャ」なんですよね。結構投資して頑張っているんですが、出ないんです……。これ以上親指を重ねるか重ねないかの葛藤が非常に大きくて……(笑)。お目当てのキャラクターが来るかどうかわからない中で、ちゃんと育てきることが出来るのか、引くべきか引かないべきか……! という感じで葛藤してます。

Q4. もしも自分が女性だったら、3人のうち、どのキャラクターと付き合ってみたいですか?
ハルくんですね! 3人とも大切にしてくれると思うんですけど、女性から見て王子様のようなハルくんはすごく自分の世界が強い気がするので、付き合ってみないとわからない感じがして……(笑)。ジュンタくんとカズくんと付き合うのはなんとなく想像出来て現実味があるんですが、ハルくんが一番わからないので、純粋に本当はどんな人物なのかという興味があります。

Q5. 今回キャラクターたちに「弱点」が御座いますが、女性にされると弱い仕草や惹かれるギャップ等は御座いますか?
ポニーテールに弱いですね。普段髪を下ろしている方が結んでいると、いつもと違った印象があって素敵だと思いますし、振り向いたときにふわっとなる感じや後ろでまとめているシルエットも好きです。昔から好きなので、ポニーテールの方を見てしまうとちょっと興味を持ちますね。とはいっても今は寒いので、もし皆さんがポニーテールをするとしたら是非暑い時期にやってください。皆さんの体調が一番大事です(笑)。

Q6. ファンの皆様へコメントをお願いいたします。
「君恋シグナル」は信号モチーフの登場人物ということで、今回その中の赤を担当させて頂いたんですが、ジュンタくんと思考回路が似ていることもあって、割と素に近い古川なんじゃないかと思います。ドラマCDとしても笑いやシリアスを含んだ聴きごたえも十分な作品になっておりますし、3人で会話をしているシーンと、それぞれの想い人に対してのシーンとでギャップも楽しめる素敵なシリーズになっていると思います。是非注目して聴いて頂ければ嬉しいです。これからも「君恋シグナル」の応援を宜しくお願い致します!

スポンサーリンク

青山和恭役:佐藤拓也さん

Q1. 収録を終えてのご感想をお願いいたします。
高校生仲良し3人組のこれから恋が始まるお話ということで、今回はドラマCDからのスタートになるんですが、本当に楽しかったです! 日常会話でドラマがテンポよく展開していくのは、演じていても気持ちいいですね。3人が話している様子も男は10代だろうか30代だろうが、立場が少し変わるだけであまり大差ないなと思いました(笑)。自分の中の精神年齢というものも、大人になったつもりで実はそうじゃなかったな、と再認識するような収録でした。

Q2. 演じられたキャラクターはどんな人物ですか? 印象、魅力についてお聞かせください。
カズくんは3人の中で1番女の子慣れしているんですが、お調子者すぎて大人からするとドキドキしちゃうところがありますね(笑)。それでいて少しナイーブだったり友達想いでもあって、演じながら色々な表情が見えるのが楽しかったですし、3人で一緒にいるのが大好きなところも魅力の1つだと思います。作中にもありましたが、やっぱり男という生き物は恋愛よりも友情を優先するんですかね! そういったところも同性として再認識させられる子でした(笑)。女の子慣れしているようで実はどこか恋愛に対して素直になりきれないところがあるカズくんが、これから先どう変化していくのかとても楽しみです。あと、カズくんとはすぐに大きい声を出すところが似ています(笑)。

Q3. 本作は「恋心に悩み葛藤する男の子たち」を描いておりますが、最近「葛藤した出来事」が御座いましたらお聞かせください。
ツイッターをやっているんですが、いつも自分の写真を上げるときに躊躇してしまうんです。アプリで加工して綺麗にすることもできると思うんですが、毎回「仕事だしなぁ」と葛藤しながらアップしています(笑)。今日も告知用の写真を撮りましたが、恥ずかしいですね……。

Q4. もしも自分が女性だったら、3人のうち、どのキャラクターと付き合ってみたいですか?
カズくん一択ですね。付き合ったら浮気はしない一途なところが素敵だし、一番心が落ち着いて楽しいであろう友達と一緒にいるにも関わらず、電話で呼び出したら来てくれるところも、付き合った時に大切にしてくれそうだなと思います。笑いながら空気を読まないことも言いそうなんですが、それすらも許したくなってしまう愛嬌の良さがありますよね。大人になったらものすごくしっかりしそうなので、彼には伸びしろがあると思います!(笑)

Q5. 今回キャラクターたちに「弱点」が御座いますが、女性にされると弱い仕草や惹かれるギャップ等は御座いますか?
優しくされたらすぐ勘違いするくらい僕はチョロいですよ!(笑) 居酒屋で僕の次のドリンクを何も言わずに頼んでくれている……好きかな!? という位の思考回路です。優しい気遣いに弱いですね。すぐに意識しちゃいます……。

Q6. ファンの皆様へコメントをお願いいたします。
「君恋シグナル」第1弾はドラマCDということで、この後からそれぞれのお話が始まるのですが、是非3人の「今」を深く刻んでいただいて、これから4ヶ月続く彼らの行く末を僕らと一緒に見守っていただけたら嬉しいです。宜しくお願いします!

黄瀬榛名役:中澤まさともさん

Q1. 収録を終えてのご感想をお願いいたします。
シチュエーションCDは何度か出演させて頂いたことがあるのですが、今回のような3人集合したドラマCDから展開するというのは初めてだったので、イントロダクションとしてもより自分のキャラクターを理解しやすかったですし、とても楽しかったです。3人の友情が深すぎる位なので、今後彼らなりにしっかりと恋愛に向かっていけるのか、僕自身すごく楽しみでもあります。

Q2. 演じられたキャラクターはどんな人物ですか? 印象、魅力についてお聞かせください。
ハルくんはふんわりとしていて落ち着きがあったので、3人の中では1番大人な印象があったんですが、実際演じてみると意外と大人でもなく、どちらかというと3人の中ではボケ寄りなんだなと思いました(笑)。ボケ方、ツッコミ方もそれぞれだったのでどのシーンも楽しかったですし、省エネなところは僕と似てますね……嘘です、犬みたいにすぐはしゃぎます。ハルくんが「恋愛の経験はあるけどピンときていない」とふんわりしている中で実際には求めているものがあって、まだドラマCDの段階では恋というものを自分の中で明確にできていないのかもしれないけど、先生が好きなことに気づいて変わっていく彼はとても魅力的に感じましたし、この後のお話でも上手く表現できればいいなと思ってます。

Q3. 本作は「恋心に悩み葛藤する男の子たち」を描いておりますが、最近「葛藤した出来事」が御座いましたらお聞かせください。
某通販サイトの商品で、大人も楽しめる子供向けおもちゃを買うかどうかでいつもすごく悩みます……。毎回自分の中で本当に欲しいものなのか悩んで、葛藤していますね。

Q4. もしも自分が女性だったら、3人のうち、どのキャラクターと付き合ってみたいですか?
ジュンちゃんですね。恋愛初心者っぷりがすごく可愛いなと思いますし、好きという気持ちを大事にしそうな子なのでとても好感がもてます。友達がいい子たちばかりなのもいいですね。恋をする相手次第で色々と変化しそうなのも伸びしろがあっていいと思います(笑)。

Q5. 今回キャラクターたちに「弱点」が御座いますが、女性にされると弱い仕草や惹かれるギャップ等は御座いますか?
それぞれの女性で「可愛いな」と思うところやキュンとくるところが違うので決まりはないかもしれません……。

Q6. ファンの皆様へコメントをお願いいたします。
第1弾のドラマCDを聴いたら、皆さん「ほんと男子ってアホ!」と思うんじゃないかなと……!(笑) でもその中でお互いの恋している気持ちを大事にしあっていたり、友達同士で好きな子のことを話していたりと、3人がこれからのシリーズでどうなっていくのか、それぞれの世界で楽しんで頂けたらと思います。

■『君恋シグナル』公式サイト http://www.team-e.co.jp/kimikoi_signal/
■『君恋シグナル』公式ツイッター https://twitter.com/kimikoi_signal
■オトメイトレコード 公式サイト http://www.otomate-records.jp/

■キャスト直筆サイン色紙プレゼントキャンペーンのお知らせ
本CDをお買い上げの方を対象に、抽選で出演キャストの直筆サイン色紙を1名様にプレゼント致します!
奮ってご応募ください! CDにアンケートはがきが封入されておりますので、アンケートにご回答の上、帯にある応募券を貼ってご応募ください。
尚、プレゼント応募の締め切りは2018年4月末日までとさせていただきます。(当日消印有効)
(商品の発送は、2018年5月下旬を予定しています。当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。)

(C) IDEA FACTORY/axcell