5月25日発売予定の『BLCDコレクション ちんつぶ4』キャストインタビュー到着!

5月25日(金)に発売予定の『BLCDコレクション ちんつぶ4』について、下記新規情報が到着いたしました。

【新規情報】
●『ちんつぶ4』キャストインタビュー到着(綾瀬役・宮田幸季さん/取手役・置鮎龍太郎さん/岩淵役・遊佐浩二さん/神谷役・下野 紘さん)

BLCDコレクション ちんつぶ4
発売日:2018年5月25日(金)予定
価格:3,000円+税
原作:大和名瀬(海王社・GUSH COMICS)
販売元・発売元:ムービック
品番:MOBL-1032
JANコード:4549743088211

◆出演 取手:置鮎龍太郎、綾瀬:宮田幸季、神谷:下野 紘、岩淵:遊佐浩二、正:岸尾だいすけ、広尾:中澤まさとも ほか

◆アニメイトオリジナル特典:おしゃべりCD(置鮎龍太郎、宮田幸季、下野 紘、遊佐浩二)

◆あらすじ
パンツの中にひそむ珍秘(ちんぴ)♥
高校生の取手、綾瀬、神谷、岩淵。修学旅行中に事故に遭い、昏睡状態の取手は生き霊となって綾瀬の局部に取り憑き、神谷と岩淵は互いの局部が入れ替わった! そんな珍妙な秘密を共有するち○こ同盟の仲は日に日に深まっていたが、長く昏睡状態だった取手が目覚めて……!? ち○こ同盟に新たな問題が勃発! 4人&3本の愛と苦悩を描く話題作!!

BLCDコレクション『ちんつぶ4』 キャストインタビュー

<集合写真>

前列左から、遊佐浩二さん、下野 紘さん、宮田幸季さん、置鮎龍太郎さん
後列左から、宇野誠将さん、木村隼人さん、中澤まさともさん、岸尾だいすけさん、金子 誠さん、熊谷海麗さん

<キャスト集合写真>

左から、遊佐浩二さん、下野 紘さん、宮田幸季さん、置鮎龍太郎さん

━━ストーリーとキャラクターのご感想をお願いいたします。

綾瀬役・宮田幸季さん(以下、宮田):約10年振りの『ちんつぶ』のドラマCD収録ということで現場に来るまで少し緊張していました。でも収録が始まったら、皆さんとの掛け合いで勘も取り戻して、楽しく演じることができました。今までは取手ちんこ君と2人……というか1人と1本で喋っているイメージだったんですが、今回は人対人も加わりました(笑)。相変わらず綾瀬はかわいいけれどちょっと毒がある感じでしたが(笑)、今回は昏睡状態から目覚めた取手と自分の気持ちに葛藤したりと真面目なシーンもあります。2人の心の動きをじっくり聴いていただければと思います!

取手役・置鮎龍太郎さん(以下、置鮎):取手はずっと昏睡していたので取手本体として演じた記憶より取手ちんことしての記憶のほうが強いです(笑)。宮田君と昨日たまたま他のスタジオの近くでばったり会って、「明日の『ちんつぶ』の収録よろしくお願いします!」って話したんです。そのお陰で、かなりブランクはありましたが早めに助走ができ、すんなり作品に入っていくことができました。取手本体と取手ちんこでずっと会話する一人芝居のシーンもあるので楽しみにしていてください。

岩淵役・遊佐浩二さん(以下、遊佐):約10年の時を経てまたこの作品に再会できるとは思わず、非常に嬉しい限りでした。なんというか、いい意味で相変わらずですね(笑)。本体とそれぞれのちんこが入れ替わっているせいで「あれ、誰と会話してるんだっけ?」という感覚になることもありました(笑)。非常に楽しくやらせていただきました。

神谷役・下野 紘さん(以下、下野):僕は今回から新たに参加させていただいたんですが、「ちんこってどういう風に演じればいいんだろう」と台本をいただいたときから少し不安で(笑)。思い切ってやるしかないんだろうなと思いつつも、いろんなことを考えていました。実際に現場で皆さんが演じるのを聞いて「なるほどこの方向性か」というのが見えたので、本体とちんこの演じ分けがしやすくなりました。……ちんこの演技をどうするのか、って改めて言葉にすると変ですけど(笑)。『ちんつぶ』に関して僕はまだ新人なので、そういう点では珍秘に戸惑う取手本体に親近感が沸きます。

遊佐:まさしく「初チンならぬ初心に返る」ですね。我々はもうちんこを演じるのに疑問を持たなくなっているので下野君の感想は新鮮です(笑)。

━━収録のご感想をお願いいたします。

宮田:ずっとパペットみたいな感じで取手ちんこ君と二人で会話していたので、今回の収録で置鮎さんの取手本体の演技を聞いて「取手君ってこんなに格好いいキャラクターだったんだ」と新鮮に感じました。綾瀬はこんな格好いい取手君に恋をしたんだなと改めて気付かされました。

置鮎:シナリオのボリュームがあったので下読みが大変でしたが楽しかったです(笑)。出演者の皆さんがしっかりしていらっしゃるので、聞いている皆さんにも楽しんでいただけると思います。

遊佐:久しぶりなので忘れていましたけど、この作品ってほとんどこのちんこ同盟の4人のセリフで成り立っているんだというのを改めて感じました。

置鮎:もうちょっと他の出演者のセリフが多いと思っていたんですけど気のせいでしたね。本体もちんこも兼ねてるから皆自分たちでした(笑)。

遊佐:そうなんです。喋っても喋っても終わらないと感じるくらいでした。前巻から約10年経って、CDに入る容量のギリギリまで収録するのが主流になりました。

下野:かなり特殊な作品なのでどんな収録になるのかドキドキしていましたが、十数年やってきた宮田さん、置鮎さん、遊佐さんのお三方が「ちんこ先輩」としてこの作品の雰囲気を作ってくださっていて(笑)。実際にやってみるとすんなり受け入れることができました。今ではちんこの役もどんと来いと思っていますし、また次回も頑張りたいです。

━━ファンの皆様へメッセージをお願いいたします。

宮田:『ちんつぶ』ファンの皆様お待たせしました。約10年ぶりに伝説のドラマCDが復活して帰ってきます。『ちんつぶ』をよく知らない人からも「今度また『ちんつぶ』のドラマCDやるんだって?」と言われるくらい、巷ならぬ「ちんまた」では話題になっている様です(笑)。まだこの作品を知らない人には「すごくぶっ飛んだ作品があるよ」と広めていただけるとまた次に繋げられると思いますので、これからも『ちんつぶ』をよろしくお願いします!

置鮎:いつかアニメ化も出来るんじゃないかと思うんです。ちんこにも顔がついてるし喋るし。「擬ちん化」されていますから(笑)。

一同:(爆笑)

置鮎:来るべきアニメ化の日まで(笑)今後とも末永く応援してほしいと思います。よろしくお願いします。

遊佐:本当にお待たせしました。はじめての方はもちろん、約10年心待ちにしてくださったファンの皆さんにもたっぷり楽しんでいただきたいと思います。原作のほうはまだ続いておりまして、このあと衝撃の展開が待っていますので! 続きが気になる方は海王社さんから刊行されている原作を読んで応援していただければ、新しい元号の頃には次のドラマCDが出るんじゃないかと思います。よろしくお願いします。

下野:今回新鮮な気持ちで『ちんつぶ』に参加させていただきました。今後も頑張ってちんこを演じていきたいですし、いつかアニメにもなったらいいなと思います。今後も『ちんつぶ』を応援していただきつつ、「すごいCDがあるから聞いてみて!」といろんな人におすすめしていただけると大変ありがたいです。よろしくお願いします。