新世代の男性バーチャル・ユニット“EIGHT OF TRIANGLE”メジャーデビュー&TVタイアップ決定! 「LOVE=Triangle」ライブレポート到着!

4月29日(日・祝)に秋葉原・パセラリゾーツAKIBAマルチエンターテインメントにて「EIGHT OF TRIANGLE」の2ndライブ『LOVE=Triangle』を実施。2月にリリースされた新曲「Resume」を始め、上海アニメソングイベントAnimerciの公式テーマソング「with you…」など約15曲×2公演を披露し、会場に足を運んだファンを大い盛り上げた。そしてライブの最後にはステージに「緊急発表」の文字が映し出され、エイベックス・エンタテインメント avex traxからのメジャーデビュー、そしてTV番組大型タイアップ2件の決定が発表された! “エイトラ第2章”と銘打たれたメジャーデビュー・タイアップの時期や内容など、詳細情報は後日解禁となる。ボーカルRayの活動休止、そしてNeonの加入などさまざまな出来事に揺れたエイトラは、このライブをもって新たな物語へと動き出した。その活躍にぜひ期待して欲しい。

■ライブレポート
【Stage1】
4月29日(日)、エイトラが実に1年3ヶ月ぶり国内のステージに立った。2017年1月28日の1stライブと同じ秋葉原の会場には、この日を心待ちにしたファンが集う。割れんばかりの歓声と共に「with you…」「Resume」でスタートダッシュを切り、会場を大いに盛り上げたかと思えば「スノードーム」「No.6 虹星」で柔らかな緩急を見せつける。「epice」では新たな踊り・カレーダンスを披露。最近エイトラがハマっているというカレーに紐付け、その調理風景をダンスにしたもので、観客も一体となって会場全体でカレーを作りあげる。おそらく秋葉原で最も斬新な景色が広がった瞬間だった。定番曲「Listen to my heart」で改めて会場を一つにすると、続くMCで二人は、活動休止中のRayへの想いを語る。「3人でライブをやる日を夢見て。」その言葉と共にRayとNeonのツインボーカル曲「On the sidewalk」「Symphony of footsteps」と続けた。アンコールを締めくくるのは「The Triangle」。エイトラの代表曲で熱狂の中Stage1を終えた。

【Stage2】
続く2nd Stage、エイトラの“タオル曲”「Listen to my heart」からステージをスタート。その後「with you…」を挟んで披露したのは、未発表の新曲「Colorful Rain」。そのタイトル通り、色とりどりの音が弾けるポップなナンバーがボーカル・Neonのキャラクターにフィットし、キラキラと楽しい空間が広がった。Stage2でも異彩を放つのは「epice」。Stage1と同様カレーダンスを一緒に踊るためのレクチャー中、Neonがじゃがいもを畑から引っこ抜くジェスチャーと共に会場に転がり込んだのは、そう「サイン入りリアルじゃがいも」だ。ライブ中にサインの入った本物のじゃがいもが会場を転がったのは、恐らく史上初ではないだろうか? エイトラの振り切った演出が垣間見えた瞬間だった。
その異様な雰囲気をスパッと切り替えたのはエイトラロック・「zipper」。疾走感溢れるメロディで無事“かっこいいエイトラ”に戻る。そしてStage1同様Rayについての想いをファンに伝え、「On the sidewalk」「Symphony of footsteps」を歌う。想いが溢れ、Kazuto、Neon共に言葉に詰まり、会場にも涙が流れた。
続くアンコール、「You’re the story」で爽やかに幕を開けると、Kazutoのロックダンスが冴え渡る「Artemonium」で会場が踊り出し、「The Triangle」で締めくくる。それでも会場の興奮は冷めず、Wアンコールに応えると、「シースルー」を披露し、会場と声を一つに2ステージ29曲を終えた。

【アフターイベント】
今回のライブはこれだけで終わりではない。一部の先行チケット購入者限定特典のアフターパーティーが残っている。ステージにはグランドピアノが現れ、Kazutoのピアノ演奏で幕を開けると、ここからは一気にユルめのエイトラを見せるターンだ。彼らが普段から配信しているウェブラジオ「さんかくラジオ」の公開収録と称し、MCの中倉隆道氏も参加すると、アットホームな雰囲気に油断したのかキャラクター大暴走。この様子は5月9日(水)の「さんかくラジオ2 特別編」で披露される。最後は「Listen to my heart」の大合唱。そしてエイトラの楽曲の中で唯一、Rayが作詞・作曲を手がけた「adagio」を、万感の想いを込めて歌い上げる。今、この瞬間のエイトラにしか見せることのできない特別な一曲に、会場は切なくも暖かな涙に包まれた。

■緊急発表「メジャーデビュー&TV番組大型タイアップ2件決定!」
この日、両ステージの締めくくりとして緊急発表が行われた。
一つ目は「エイベックス・エンタテインメント avex traxからのメジャーデビュー」。活動開始から約2年半。ついにエイトラがメジャーの戦場に躍り出る。そして二つ目は「TV番組との大型タイアップ2件決定」。時期、内容の詳細は後日発表される。エイトラ第二章の幕開けと位置づけられた2ndライブ『LOVE=Triangle』は、衝撃と今後への大きな期待の中で幕を閉じた。

【『LOVE=Triangle』セットリスト】
≪Stage1≫
1. with you…
2. Resume
3. SIGNAL
4. スノードーム
5. NO.6 -虹星-
6. 明日へ
7. Artemonium
8. épice
9. zipper
10. Listen to my heart
11. On the sidewalk
12. Symphony of footsteps
EN1. You’re the story
EN2. The Triangle

≪Stage2≫
1. Listen to my heart
2. with you…
3. Colorful Rain(新曲)
4. Resume
5. NO.6 -虹星-
6. 明日へ
7. épice
8. zipper
9. SIGNAL
10. On the sidewalk
11. Symphony of footsteps
EN1. You’re the story
EN2. Artemonium
EN3. The Triangle
WEN. シースルー

≪アフターイベント≫
1. Livin’
2. Colorful Rain(新曲)
3. Listen to my heart
4. adagio

【男性バーチャル・ユニット「EIGHT OF TRIANGLE」とは?】
現実を超えた“リアル”を――
新世代の男性バーチャル・ユニットが生み出す、もう一つの現実世界。
「バーチャルアイドルユニット」。日本から誕生し、世界中を熱狂させているこのジャンルに、『EIGHT OF TRIANGLE』が、新たな風を起こそうとしている。ボーカル・Ray/君島零とキーボード・Kazuto/遠藤和斗からなるこのバーチャル・ユニットは、実際のアーティストと同様に、Twitterを使い、ラジオ番組でしゃべり、自分たちで作った楽曲を歌う。ライブでは最新鋭のモーションキャプチャーシステムで、実際にその場で体の動きをトレースすることにより、リアルタイムでパフォーマンスし、直接観客に語りかけ、会話する。まるでこの人間が本当に存在するかの様な圧倒的なリアリティを軸に、観客たちに寄り添う。2015年のデビューシングル「heart to erode」を皮切りに、これまで計6枚のシングル、3枚のアルバムを発表。そのほとんどの作詞・曲・編曲をメンバー自身で行っている。2017年には日本を飛び出し香港でのライブを成功させると、その注目度はグローバルなものとなった。同年9月から喉の不調を理由に活動を休止したRayに代わり、新たなボーカル・Neon/荒賀新音が加入し、再スタートを切る。勢いを増す日本初の男性バーチャル・ユニットが届けるのは「もう一つの現実世界」。現実よりもリアルな「エイトラ」が創る世界を、その目で、耳で、肌で、<体感>して欲しい。

EIGHT OF TRIANGLE
オフィシャルサイト:eightoftriangle.com
Instagram:@eightoftriangle
Twitter:
【Ray/君島零】@Kimishima_Ray
【Kazuto/遠藤和斗】@Endou_Kazuto
【Neon/荒賀新音】@Araga_Neon
【エイトラ公式】@eightoftriangle

イベント
スポンサーリンク
Girls-Style