『古書店街の橋姫』がPS Vitaに移植決定! PS Vita版のティザーサイトが公開!

“何が現実で、何が幻覚なのか。” インディーズで話題沸騰の大正BLミステリー!

PC同人ゲームで話題を巻き起こし、関連作品も続々展開中のボーイズラブ大正ミステリーAVG「古書店街の橋姫」が、手軽に遊べるPS Vitaへ移植決定!

舞台は大正時代の東京・神保町。
主人公は親友の死をきっかけに3日間がループする謎の現象に巻き込まれていく……

当時の独特な雰囲気を彩る美麗なグラフィック、史実にフィクション要素を織り交ぜた世界で、個性的で魅力的なキャラクターたちのドラマが紡がれる珠玉のポップオカルト大正ミステリー。

本日PS Vita版のティザーサイトが公開されました。

【キャラクター】
玉森(たまもり)(※主人公 CV.坂巻亮侑)

水上(みなかみ)(CV.神崎智也)

川瀬(かわせ)(CV.マルクス)

花澤(はなざわ)(CV.岡田悠)

氷川博士(ひかわはかせ)(CV.近野誠一郎)

能面(のうめん)の男(CV.美藤秀吉)

ほか

【製品情報】
タイトル:古書店街の橋姫 々(読み:こしょてんがいのはしひめ のま)
プラットフォーム:PS Vita
販売メーカー:dramatic create
発売日:2018年秋発売予定
価格:未定
独自ジャンル:奇書と幻覚のBLG(大ジャンル:AVG)
CEROレーティング:審査予定
キャッチコピー:何が現実で、何が幻覚なのか。
原作:ADELTA
原画・シナリオ:くろさわ凛子
キャスト:坂巻亮侑、神崎智也、マルクス、岡田悠、近野誠一郎、美藤秀吉 ほか

公式サイト http://dramaticcreate.com/hashihime/
Twitterハッシュタグ   #古書店街の橋姫